人生にゲームをプラスするメディア

「任天堂ゲームセミナー2005」が開催決定

ゲームビジネス その他

任天堂オンラインマガジン(NOM)の3月号によれば、昨年に引き続き今年も「任天堂ゲームセミナー2005」が開催されることが決定したそうです。元々は10年前に3期に渡って開催されたセミナーですが、卒業生にはゲーム開発に携わっている方が多数居ます。

「任天堂ゲームセミナー2005」は2005年6月〜2006年3月の10ヶ月間に渡って開催され、任天堂の開発スタッフが講師となり最終的には実際のニンテンドーDSゲームの制作を行います。会場は任天堂の東京事務所となります。受講料は無料です。

オンラインエントリーは3月15日からです。滅多に無い機会ですので、気になる方は挑戦してみてはいかがでしょうか。NOMには昨年の卒業生で任天堂に入社した4名へのインタビューも掲載されています。

ゲームセミナー事務局からのメッセージ
学業との両立をしつつ、ゲーム制作への熱意を持ち続けるというのは、大変なことです。楽しくもあり、難しくもありますので、相応の熱意を持った人に来て頂きたいと思っています。我々も皆さんから元気をもらっています!ゲーム作りに対する熱意をもってアピールできる学生の皆さんに来てほしいです。特に今年は、「ニンテンドーDS」ソフトを制作してもらいますので、今までのゲームの常識を覆すような斬新なアイデアを期待しています!!サウンドやプログラムといった専門技能だけでなく、「自分にはこれがある!」と言える人は理系文系を問わず、どんどん応募して下さい。お会いできる日を楽しみにしています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

    【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

  2. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  5. 【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

  6. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  7. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  8. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  9. ナチュラルモーション社の技術がゲームのアニメーション制作を変える

  10. セガ、本社を品川に移転

アクセスランキングをもっと見る