人生にゲームをプラスするメディア

DS『逆転裁判 よみがえる逆転』発表

任天堂 DS

ファミ通最新号にDS用ソフト『逆転裁判 よみがえる逆転』の画像とともにクリエイターのインタビューが紹介されています。これは初代GBAソフト『逆転裁判』のリメイク版に当たる作品で、それに新しいエピソードを追加したものになります。

ディレクターのカプコン第一開発部の巧舟氏によると今回の作品のきっかけはカプコンに「成歩堂を海外でデビューさせないか?」という話をもらって製作することになったそうです。そもそも1を作った頃には巧氏にも海外という視野があり、そういう脚本にしたのですが、2からは国内に特化した内容になったとのことです。しかし、DSのタッチスクリーンであれば、新しい遊びを提案できるということで、海外で出してみようということになりました。とはいえ、日本のユーザーも大事にしたい。ということで、今回の発表にこぎつけたようです。

新エピソードはDSの機能を生かした完全に新しい話になっています。さらに、ボリュームはすごいことになっているとか。1をやったユーザーのことを考えて作ったらボリュームがすごいことになったとのことです。おなじみのキャラも登場しシリーズのファンには満足できるものになるようです。同氏によれば鍵を握るのは御剣だということで、この辺りも続報が楽しみなところです。

DSの機能をうまくシリーズに融合させてこそ成功だと語る同氏。一番気になったのはタッチスクリーンだそうです。ゲームの敷居を低くしたと絶賛しています。今の時点では発売日も未定ですが、続報が入り次第お伝えしていこうと思います。
《》

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  2. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

    スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  3. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

    ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  4. 『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

  5. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

  6. スイッチ『いっしょにチョキッと スニッパーズ』はロンチソフトに、公式サイトがオープン

  7. ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

  8. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  9. SIE吉田修平氏がニンテンドースイッチを体験、ジョイコン「乳搾り」にご満悦

  10. 【3DS DL販売ランキング】『DQMJ3 プロフェッショナル』ついに首位へ、『ドラゴンシンカー』初登場ランクイン(2/23)

アクセスランキングをもっと見る