人生にゲームをプラスするメディア

CESAがシニア調査報告」・「ネット・モバイル報告」の2冊を刊行

ゲームビジネス その他

CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は、シニア世代のゲームプレイ状況をまとめた「2005CESAシニア調査報告書〜日本・韓国合同調査〜」と、ネットワークゲーム及びモバイルコンテンツの利用状況をまとめた「CESAネットワークゲーム&携帯電話ゲームコンテンツユーザー調査報告書」の2冊を発刊しました。

「2005CESAシニア調査報告書〜日本・韓国合同調査〜」は50代以上のシニアを対象としたもので、この報告では一般層ではゲームへの参加率が低下しているものの、インターネットを利用しているネットシニアでは逆に増加していることが明らかにされています。各種データに加えて、シニア層を取り込む為のゲーム・玩具業界の取り組み事例の紹介もなされています。

「CESAネットワークゲーム&携帯電話ゲームコンテンツユーザー調査報告書」ではオンライランゲームへの参加経験や頻度など詳しいデータが掲載されています。それによれば有料のオンラインゲームに一度でも参加したことのあるのは約21%程度のようです。

有料オンラインゲームへ現在参加しているユーザーのプラットフォーム別の割合(複数回答)ではPCが91.3%と突出していて、次いでPS2が27.5%、ゲームキューブが6.3%、Xboxが3.8%、ドリームキャストが3.1%となっていました。月々の利用料金は平均で1580円でした。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

    【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  2. Epic Games、E3でののアンリアル・エンジン採用タイトルを公表・・・国産では『Devil's Third』『LET IT DIE』『Scalebound』など

    Epic Games、E3でののアンリアル・エンジン採用タイトルを公表・・・国産では『Devil's Third』『LET IT DIE』『Scalebound』など

  3. スマホ版「ログレス」はこうして作られた。PCゲームしか開発経験のないチームが取り組んだゲームデザインの挑戦

    スマホ版「ログレス」はこうして作られた。PCゲームしか開発経験のないチームが取り組んだゲームデザインの挑戦

  4. VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

  5. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  6. バンダイナムコ、大型VR施設「VR ZONE Shinjuku」を期間限定オープン!

  7. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  8. HTC、SIE、バンナムなどVR先進企業が業界を語る―「VRサミット in 秋葉原」3月25日開催

  9. スクエニ、執行役員制度を復活 ― 『ドラクエX』齋藤氏や『FFXIV』吉田氏も役員に名を連ねる

  10. 成熟する日本のゲーム開発者コミュニティ・・・CEDECとDiGRA JAPANとIGDA日本、3者の方向性と役割の違いをキーマン三人が語る

アクセスランキングをもっと見る