人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】マリオテニスGC(GC)

任天堂 GC

お手軽に遊べる『マリオテニスGC』既に発売から半年弱かかりますが、未だにインプレッションされ
ていなかった事もあり、今回取り上げました。『マリオテニスGC』は名前の通り、テニスゲームです。しかしただのテニスゲームではなく、ギミック満載のコートあり、テニスコートを舞台にしたミニゲームありと盛り沢山そして深く遊べる一本となっています。

各モードの紹介ですが、まずは『エキシビッション』。ここでは自由にキャラ、コート、シングル・ダブルスなどの形式が選べます。他のモードで新しいキャラ、コートなどを出すとさらにバリエーションが増えます。次に『トーナメント』これは8人参加型のトーナメントで自分が以外は全てCPUです。このゲームのメインモードともいえ、このトーナメントを勝ち進んでいくことにより、新しいキャラやコートなどが入手できます。そしてオマケ要素の割にはやたら楽しめる『スペシャルゲーム』。こちらはテニス場を舞台にペイントボールで反対側の壁にある絵柄を塗っていったり、メカクッパをテニスボールで攻撃した倒すなど様々なお楽しみが用意されています。

モードの紹介はこれくらいにしておき、実際の操作性やキャラについて書いていきます。操作性に関しては大変良好でボタン二つでほぼ全てのショットが打てるようになっています。慣れてくると軽快なラリーや必殺ショットの応酬が可能となります。キャラごとに特性があり、それにより戦い方が大きく変わってきます。これによりバランスが崩れるのではという心配もありましたが、どのキャラでも十分戦えるようバランス調整に力を入れたことが感じ取れます。もちろん多少の有利不利はありますが、腕でカバーできるほどのものです。CPUのレベルもとても良いバランスとなっており、最初は「こんなに楽勝でよいのか?」というほどでしたが、後半になってくるとかなり手強く、長いラリーが続きます。しかし、これにより若干後半になると一試合に時間がかかってしまうのが難点です。

ギミックコートは種類も多く、良い意味で試合に影響を与える仕掛けが置いてあります。また、コートの大半は対戦者同士の差を縮めるものが多いため、実力に差がある時の対戦に向いているかもしれません。といっても、友達同士で遊ぶなら、対戦するより、『スペシャルゲーム』でわいわいと盛り上がるのが一番良いかなと思いました。、

個人的に感心したのはマリオらしい、テンポの良さですね。画面の切り替え、ロードの早さ、派手な必殺ショットが入っているにも関わらずスピーディーに進む試合展開。この辺は本当に任天堂のよさを物凄く感じました。

『スペシャルゲーム』を中心にキャラ集めやハイスコア目指すなど長く遊べるこの一本。一日1時間もやるとちょっとだれてきますので、1日30分くらいが遊ぶのがベストかもしれません。現在出ているテニスゲームの中では一番面白いとオススメ出来るソフトです。
《りゅか》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドースイッチ」2017年発売予定のタイトルラインナップ映像が公開!

    「ニンテンドースイッチ」2017年発売予定のタイトルラインナップ映像が公開!

  2. 「NHK映像ファイル」で任天堂の元社長“山内溥”回が放送、1月28日5時40分より

    「NHK映像ファイル」で任天堂の元社長“山内溥”回が放送、1月28日5時40分より

  3. Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

    Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

  4. スイッチ向け『信長の野望・創造 with PK』&『三國志13 with PV』PVが公開

  5. 『スプラトゥーン2』では「イカアイコン」も進化!戦況の詳細がよりわかりやすく

  6. 【レポート】『モンハン ダブルクロス』ハンター新スタイル「レンキン」、ニャンター新スタイル「ビースト」を体験!

  7. 3DS『ファイアーエムブレムエコーズ』マイニンテンドーストア限定版が1月27日に予約開始

  8. 【3DS DL販売ランキング】『マリオブラザーズ3』連続首位、追い上げる『タンクトゥルーパーズ』が5位浮上(1/19)

  9. 『スプラトゥーン2』あの“小さなネコ”はジャッジくんの腹の上がお気に入り!?かわいい映像が公開

  10. たくさんの「ピカチュウ」がキュートな合皮財布&カバンが登場!海外通販サイトにて

アクセスランキングをもっと見る