人生にゲームをプラスするメディア

Reggie Fils-Aimeが「大人向け子供向け」について答える

ゲームビジネス その他

IGNで連載されている、毎週任天堂の副社長に任天堂について聞く「The Nintendo Minute」という企画の第三回として上級副社長セールス&マーケティングのReggie Fils-Aime氏に「大人向け子供向け」について聞いています。

――任天堂は子供向けメーカーだと何度となくゲーマーに言われます。2005年そしてその先も任天堂はどのように大人のゲーマーに訴求していくのでしょうか?

任天堂が子供向けのゲームばかりに集中しているというのは全くの誤解です。私達は全ての人にとって楽しい体験を提供しようとしています。私は、コアな20代の男性ゲーマー、といった人達がもっと任天堂が今とは異なるポジションを取ることを望むことを理解します。信じて下さい、私達はちゃんと理解しています。もしMatt Casamassina(IGNのライター)が会社を経営していたならば、毎月独占のバイオハザードが発売されたに違いありません。

しかし任天堂は、子供向けのゲームだけを作らないのと同様に、強く「大人のゲーマー」のみに焦点を合わせることはできません。私達は全ての人を対象にする必要があり、それが可能な多くのタイトルを開発することが出来るチームを持っていることを誇りに思います。

任天堂は子供も大人も楽しめるゲームを作ることを止めるでしょう? それは有り得そうもありません。『マリオパーティ』シリーズは子供と金曜日の夜を過ごすことを可能とすることで親に楽しみを与えます。そしてそれは十代のゲーマーにとってとても良いパーティゲームです。このようなゲームにコアなゲーマーは魅力を感じないかもしれません、しかし私達のビジネスにとっては重要です。

私達はこれと同じくらいに年齢が上なコアなゲーマーに訴えかける必要があるでしょうか? もちろんイエスです。ここに私達がコアなユーザー――あなたや、IGN、IGNの読者――を必要とする理由があります。私達はあなたたちを愛しています。あなたたちは任天堂を支える骨です。任天堂は常に人々の野生を取り戻させる様な物語を持ったゲームを開発し続けます。例えば、『メトロイドプライム2 エコーズ』や今後発売される『ゼルダの伝説』はプレイおーに夜も攻略本をチェックさせ、友達と秘密を教えあわせることでしょう。はい、任天堂は中心により高い年齢のユーザーやよりコアなゲーマーを持っています、そしてそれは決して失われません。

2005年に関しては、既に発表されたGC『ゼルダの伝説』を含むラインナップを見られたことだと思います。しかし未だ発表されてない2005年発売予定の隠しタイトルはあります(ええ私達は任天堂ですから)。しかしもう数ヶ月待って下さい、任天堂は若いゲーマーも年上のゲーマーも両方を楽しませるゲームを発表する準備を進めているところです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  4. 【CEDEC 2014】『艦これ』「Unreal Engine 4」「Softimage」「PS4シェア」など今年のCEDECアワードが発表

  5. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  8. 【レポート】ゲームクリエイターが“憧れの職業ではない”ことに危機感…CC2松山洋の全国ツアー開始、「プロになれない理由」とは

  9. 秋葉原の洋ゲーショップ「ゲームハリウッド」2月24日で閉店

  10. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

アクセスランキングをもっと見る