人生にゲームをプラスするメディア

『キャッスルヴァニア』五十嵐氏インタビュー

任天堂 DS

GameInformerOnlineに「キャッスルヴァニア」のプロデューサーの五十嵐孝司氏へのインタビューが掲載されています。インタビューではPSPではなくニンテンドーDSを選択した理由など興味深いことが多く述べられています。

――革新的なハードという面でPSPでなくニンテンドーDSを選択したとおっしゃいましたが、他に理由はあるのですか?

『暁月の円舞』で大きかったのはタクティカル・ソウルシステムで、非常に人気がありました。私達はもう一度それをやりたいと思いました。そのゲームがGBAだったから、単に任天堂ハードでやろうと思っていました。

どのハードで作るかということはE3までは決まってませんでした。しかし、一度E3でニンテンドーDSとPSPを見たとき、ニンテンドーDSを見た後、私は「これはいい、これで作ろう」と咄嗟に言いました。

――デモを遊びましたが、箱を壊したり、ボスを封印する以外もタッチペンの使い道はありますよね?

今の段階であまり多くのことを言いたくありませんが、もちろんゲーム中では様々な場所で使われます(笑)。しかしまだ言えません。どんな風に使うかは言えませんが、使う、ということだけをお伝えしておきましょう(笑)。

――グラフィックの面から、GBAでこれは出来ないという点を教えてください

沢山の敵(笑)。デモを見て分かるように、骸骨の骨が散らばって、それを全部破壊するというようなこともできます。それは『月下の夜想曲』では可能でしたがGBAでは困難なことです。細かい部分では、背景のスクロールがとても滑らかになりました。また3Dか擬似3Dのような要素を組み入れることも可能になります。

ゲームは『暁月の円舞』の直接の続編ですが、ストーリーなどは前作までを遊んでいないと楽しめないものでしょうか?

確かに主人公は『暁月の円舞』と同じです。しかし私達は前作を遊んでいないと十分に楽しめないゲームを作るつもりはありません。私達は各キャラのバックストーリーの説明集を入れるつもりです。『暁月の円舞』も同じ機械(DS)で遊べるのでこのチャンスに買うのもいいですね(笑)。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は任天堂最後のWii Uタイトル―レジー社長

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は任天堂最後のWii Uタイトル―レジー社長

  2. ニンテンドースイッチ予約は次々終了―行列待ち実店舗も―これから予約するには?

    ニンテンドースイッチ予約は次々終了―行列待ち実店舗も―これから予約するには?

  3. ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

    ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

  4. ニンテンドースイッチ予約開始…一部通販サイトは今なお繋がりにくい状態続く(追記)

  5. 【レポート】2D女子高生ホラーゲーム『クリーピング・テラー』で日活が目指したもの

  6. 『スプラトゥーン2』では「イカアイコン」も進化!戦況の詳細がよりわかりやすく

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. 【3DS DL販売ランキング】『マリオブラザーズ3』連続首位、追い上げる『タンクトゥルーパーズ』が5位浮上(1/19)

  9. 「NHK映像ファイル」で任天堂の元社長“山内溥”回が放送、1月28日5時40分より

  10. 松野泰己氏すら覚えていなかったSFC版『タクティクスオウガ』裏コマンドが19年越しで発見される

アクセスランキングをもっと見る