人生にゲームをプラスするメディア

AIASアワードが発表に、任天堂は4作品で受賞

ゲームビジネス その他

2月1日からラスベガスで開催されたD.I.C.E.サミットにて2004年に発売され大きな業績を上げたゲームを表彰する第8回Annual Interactive Achievement Awardsの発表が行われました。Academy of Interactive Arts & Sciences(AIAS)に加盟する開発者の投票によって決定されたもので、任天堂からは4作品が受賞しました。

AIAS代表のJoseph Olin氏は「この賞はゲーム業界がこの年で最も優れたゲームを披露する大切な場です。本年の勝者は単にその年に発売され最も人気を得たタイトルであるというだけでなく、その年に具体化され業界を牽引した思想と革新性を象徴します」と述べています。

ゲーム・オブ・ザ・イヤー(大賞)[GOTY]
・総合 : Half-Life 2(ビベンディ/Valve)
・家庭用: Halo 2(マイクロソフト/バンジー)
・PC  : Half-Life 2(ビベンディ/Valve)

イノベーションアワード(革新性)
・家庭用: 塊魂(ナムコ)
・PC  : Half-Life 2(ビベンディ/Valve)

クラフトアワード(技術賞)
・アートディレクション: Half-Life 2(ビベンディ/Valve)
・アニメーション: Half-Life 2(ビベンディ/Valve)
・キャラクターパフォーマンス[男性]: Half-Life 2(ビベンディ/Valve) - Robert Guillaume
・キャラクターパフォーマンス[女性]: ゴールデンアイ: ダークエージェント - Judy Dench
・サウンドトラック: Grand Theft Auto: San Andreas (ロックスター/ノース)
・オリジナルミュージック: Fable(マイクロソフト/ビッグブルーボックス)
・サウンドデザイン: Halo 2(マイクロソフト/バンジー
・ゲームプレイエンジニアリング: Half-Life 2(ビベンディ/Valve)
・オンラインゲームプレイ: Halo 2(マイクロソフト/バンジー)
・ビジュアルエンジニアリング: Half-Life 2(ビベンディ/Valve)
・ゲームデザイン: 塊魂(ナムコ)
・キャラクター/ストーリー制作: Fable(マイクロソフト/ビッグブルーボックス)

ジャンルアワード[A 家庭用]
・プラットフォームアクション/アドベンチャー: プリンスオブペルシャ ウォリアーウィズイン(ユービーアイ/モントリオール)
・アクション/アドベンチャー: Grand Theft Auto: San Andreas (ロックスター/ノース)
・アクションスポーツ: トニーホークアンダーグラウンド2(アクティビジョン/ネバーソフト)
・ファーストパーソンシューター: Halo 2(マイクロソフト/バンジー)
・チルドレンズタイトル: Sly Cooper 2(SCEA/サッカーパンチ)
・ファミリーゲーム: ドンキーコンガ(任天堂/ナムコ)
・ファイティングゲーム: モータルコンバット デセプション(ミッドウェイ/シカゴ)
・レーシングゲーム: バーンアウト3(EA/クライテリオン)
・ロールプレイングゲーム: ペーパーマリオRPG(任天堂/インテリジェントシテムズ)
・スポーツシミュレーション: ESPN NFL 2K5(セガ/ビジュアルコンセプト)

ジャンルアワード[B 携帯機]
・ワイヤレスゲームオブザイヤー: スーパーマリオ64DS(任天堂)
・ハンドヘルドゲームオブザイヤー: メトロイドゼロミッション(任天堂)

PCゲーム等もありますが省略します。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  4. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  5. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  6. 『クラッシュ・バンディクー』の生みの親たちが新スタジオを始動

  7. 閉店になった洋ゲー専門店「ゲームハリウッド」、海外ゲームソフトは「未来百貨」で販売継続

  8. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  9. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  10. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

アクセスランキングをもっと見る