人生にゲームをプラスするメディア

マイクロソフトのKen Lobb氏が任天堂やソニーについてコメント

ゲームビジネス その他

Microsoft Game StudiosのKen Lobb氏が任天堂やソニーについてコメントしています。以前は任天堂オブアメリカで働いたこともある同氏ですが、XBoxをやって分かったこととして「任天堂はそれほど強大でなく、ソニーは良い会社だった」とも述べています。これはラスベガスで開催されたD.I.C.E. Summitで収録されたものです。

長いので一つだけ紹介します。

――マイクロソフトの直面する競争について聞かせてください

分かりました。任天堂の強みは強力なフランチャイズを多数持っていることで、それは同時に潜在的に弱みです。彼らの1つの大きな問題は粘土も何度も同じようなゲームを作り続けていることです。私は皆と同様にゼルダを楽しみにしていますが、既に遊んだ『時のオカリナ』や『ふしぎの帽子』と同じようなストーリーにならないか心配です。彼らは「ほら新しい遊びができた、さあこれを使ったゲームを作ろう」というのを非常に上手くやりますが、彼らはゼルダを助けに行く背後にあるストーリーには余り興味がないようです。だから、彼らの強みと弱みはフランチャイズにあります。

また彼らはオンラインで「泥沼に嵌った」のではないかと感じます。ゲーマーとして、私はどうしてマリオカートをオンラインで遊べないのか、私は理解できません。それは明白なことを拒絶するものです。140万人以上のユーザーがオンラインで遊ぶ為に私達にお金を支払い、その数は増えています。私達はもしゲーマーがオンラインを得なかった場合、興味を減らすと簡単に示すことができます。もしそのジャンルがオンラインに適していれば、そのように遊べるようにすべきなのです。

ソニーについて考えると。彼らは私達がXbox Liveで成功したようなコミュニティを作れなかったと思います。私はまたソニーがとても少ないファーストパーティタイトルを持っていると感じます。彼らは常にサードパーティと良い関係を結んできました。しかしファーストパーティの観点から、彼らは小さい。私達と比較すると、私達は20から30のタイトルを開発しています、そしてそれらは全て質が高い。もし全てのサードパーティが全てのプラットフォームに同じように開発するようになれば勝負を決めるのはLiveのようなサービスか、ファーストパーティの開発するタイトルです。そうしたところでは、任天堂はファーストパーティは強いがオンラインには取り組んでいない、ソニーは一つ一つは強力だが数的に不十分なファーストパーティタイトルを持っていません。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. ガンダムVR『ダイバ強襲』が関西へ! モビルスーツ同士の戦いを間近すぎる距離で体感

    ガンダムVR『ダイバ強襲』が関西へ! モビルスーツ同士の戦いを間近すぎる距離で体感

  3. 「ゲーム開発者の選択肢を広げる企業に」CRI・ミドルウェア押見正雄社長に聞く同社の過去・現在・未来

    「ゲーム開発者の選択肢を広げる企業に」CRI・ミドルウェア押見正雄社長に聞く同社の過去・現在・未来

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  5. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  6. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  7. 【フェスティバル・オブ・ゲームス】ゲームブックから『トゥームレイダー』まで、ゲームデザインの巨匠が語る

  8. 【オールゲームニッポン】ゲームプロデューサー安田善巳氏とゲームアナリスト平林久和氏による"ゆるーい"対談はじまります(第1回)

  9. 【GTMF 2014】Havok Destructionがバージョンアップ! 大量の破片が飛び散る、次世代の破壊表現とは?

  10. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

アクセスランキングをもっと見る