人生にゲームをプラスするメディア

マイクロソフトのKen Lobb氏が任天堂やソニーについてコメント

ゲームビジネス その他

Microsoft Game StudiosのKen Lobb氏が任天堂やソニーについてコメントしています。以前は任天堂オブアメリカで働いたこともある同氏ですが、XBoxをやって分かったこととして「任天堂はそれほど強大でなく、ソニーは良い会社だった」とも述べています。これはラスベガスで開催されたD.I.C.E. Summitで収録されたものです。

長いので一つだけ紹介します。

――マイクロソフトの直面する競争について聞かせてください

分かりました。任天堂の強みは強力なフランチャイズを多数持っていることで、それは同時に潜在的に弱みです。彼らの1つの大きな問題は粘土も何度も同じようなゲームを作り続けていることです。私は皆と同様にゼルダを楽しみにしていますが、既に遊んだ『時のオカリナ』や『ふしぎの帽子』と同じようなストーリーにならないか心配です。彼らは「ほら新しい遊びができた、さあこれを使ったゲームを作ろう」というのを非常に上手くやりますが、彼らはゼルダを助けに行く背後にあるストーリーには余り興味がないようです。だから、彼らの強みと弱みはフランチャイズにあります。

また彼らはオンラインで「泥沼に嵌った」のではないかと感じます。ゲーマーとして、私はどうしてマリオカートをオンラインで遊べないのか、私は理解できません。それは明白なことを拒絶するものです。140万人以上のユーザーがオンラインで遊ぶ為に私達にお金を支払い、その数は増えています。私達はもしゲーマーがオンラインを得なかった場合、興味を減らすと簡単に示すことができます。もしそのジャンルがオンラインに適していれば、そのように遊べるようにすべきなのです。

ソニーについて考えると。彼らは私達がXbox Liveで成功したようなコミュニティを作れなかったと思います。私はまたソニーがとても少ないファーストパーティタイトルを持っていると感じます。彼らは常にサードパーティと良い関係を結んできました。しかしファーストパーティの観点から、彼らは小さい。私達と比較すると、私達は20から30のタイトルを開発しています、そしてそれらは全て質が高い。もし全てのサードパーティが全てのプラットフォームに同じように開発するようになれば勝負を決めるのはLiveのようなサービスか、ファーストパーティの開発するタイトルです。そうしたところでは、任天堂はファーストパーティは強いがオンラインには取り組んでいない、ソニーは一つ一つは強力だが数的に不十分なファーストパーティタイトルを持っていません。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ゲームの上手さで内定」日本初“ゲーム技能”を選考に加えた社員採用活動「いちゲー採用」が実施

    「ゲームの上手さで内定」日本初“ゲーム技能”を選考に加えた社員採用活動「いちゲー採用」が実施

  2. 脳と感覚を極限まで刺激する「VR“DEAD”THEATER」発表―超実体験型360°VRホラームービー!

    脳と感覚を極限まで刺激する「VR“DEAD”THEATER」発表―超実体験型360°VRホラームービー!

  3. カプコン、TGS2016のイベント情報第2弾を公開―恒例のゾンビシューティングレンジも!

    カプコン、TGS2016のイベント情報第2弾を公開―恒例のゾンビシューティングレンジも!

  4. 第3回「DMM GAMES カンファレンス 2016」開催、前年度実績や今期戦略が明らかに

  5. 日本のモバイルゲーム、上位10ゲームだけで市場収益50%占める

  6. 2016年英国ゲームセールスの58%は「デジタル販売」、初のディスク凌駕に

  7. 『ポケモンGO』全世界売上高は推定2億ドル―米調査会社が報告

  8. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  9. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  10. 新型PS4とVRを軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート

アクセスランキングをもっと見る