人生にゲームをプラスするメディア

2004年の北米ゲームソフト売り上げは絶好調

ゲームビジネス その他

米NDPとESAによると、2004年の北米ゲームソフト販売額は家庭用とパソコンを合わせて73億ドル(2億4800万本)あまりを売り上げたということです。これはゲーム機及びその他のアクセサリーなどを除いた数字です。

内訳は、家庭用機向けゲームソフトが52億ドル(1億6000万本)、パソコン向けが11億ドル(4500万本)、携帯機向けが10億ドル(4200万本)あまりと、2003年の70億ドル(2億3900万本)を上回っています。

このうち家庭用向けでは12タイトルが100万本以上、50タイトルが50万本以上、そして197タイトルが25万本以上の売り上げを記録したということです。ジャンル別ではアクション(30.1%)、スポーツ(17.8%)、FPS(9.6%)、子供・家族向け(9.5%)、レーシング(9.4%)、RPG(9%)、格闘(5.4%)の順となっており、日本とでは好まれるジャンルの違いが明確になっています。

ESAのDouglas Lowenstein社長は「2004年は幅広い層のユーザーに支持されてゲームソフトが飛ぶように売れました。そして市場は次世代ゲーム機の登場により今後5年間は二桁成長を遂げるでしょう」と述べています。
《クリ坊》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ハピネット、子会社2社を合併 「任天堂との関係を強化」

    ハピネット、子会社2社を合併 「任天堂との関係を強化」

  2. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  3. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

    【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  4. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  5. これがリアル「遊戯王」か!「HoloLens」で“リアルにモンスターを召喚”するデモ動画公開

  6. 新しいステージに一緒に行ける人を募集・・・ゲームフリーク訪問記(後編)

  7. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  8. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  9. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  10. 【GTMF 2014】デベロッパー各社が特徴をアピール、初のマッチングイベント「GTMF Meet-Ups」レポート

アクセスランキングをもっと見る