人生にゲームをプラスするメディア

2004年の北米ゲームソフト売り上げは絶好調

ゲームビジネス その他

米NDPとESAによると、2004年の北米ゲームソフト販売額は家庭用とパソコンを合わせて73億ドル(2億4800万本)あまりを売り上げたということです。これはゲーム機及びその他のアクセサリーなどを除いた数字です。

内訳は、家庭用機向けゲームソフトが52億ドル(1億6000万本)、パソコン向けが11億ドル(4500万本)、携帯機向けが10億ドル(4200万本)あまりと、2003年の70億ドル(2億3900万本)を上回っています。

このうち家庭用向けでは12タイトルが100万本以上、50タイトルが50万本以上、そして197タイトルが25万本以上の売り上げを記録したということです。ジャンル別ではアクション(30.1%)、スポーツ(17.8%)、FPS(9.6%)、子供・家族向け(9.5%)、レーシング(9.4%)、RPG(9%)、格闘(5.4%)の順となっており、日本とでは好まれるジャンルの違いが明確になっています。

ESAのDouglas Lowenstein社長は「2004年は幅広い層のユーザーに支持されてゲームソフトが飛ぶように売れました。そして市場は次世代ゲーム機の登場により今後5年間は二桁成長を遂げるでしょう」と述べています。
《クリ坊》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  4. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  5. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  8. アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

  9. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  10. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

アクセスランキングをもっと見る