人生にゲームをプラスするメディア

2004年の北米ゲームソフト売り上げは絶好調

ゲームビジネス その他

米NDPとESAによると、2004年の北米ゲームソフト販売額は家庭用とパソコンを合わせて73億ドル(2億4800万本)あまりを売り上げたということです。これはゲーム機及びその他のアクセサリーなどを除いた数字です。

内訳は、家庭用機向けゲームソフトが52億ドル(1億6000万本)、パソコン向けが11億ドル(4500万本)、携帯機向けが10億ドル(4200万本)あまりと、2003年の70億ドル(2億3900万本)を上回っています。

このうち家庭用向けでは12タイトルが100万本以上、50タイトルが50万本以上、そして197タイトルが25万本以上の売り上げを記録したということです。ジャンル別ではアクション(30.1%)、スポーツ(17.8%)、FPS(9.6%)、子供・家族向け(9.5%)、レーシング(9.4%)、RPG(9%)、格闘(5.4%)の順となっており、日本とでは好まれるジャンルの違いが明確になっています。

ESAのDouglas Lowenstein社長は「2004年は幅広い層のユーザーに支持されてゲームソフトが飛ぶように売れました。そして市場は次世代ゲーム機の登場により今後5年間は二桁成長を遂げるでしょう」と述べています。
《クリ坊》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

    株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  2. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

    まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  3. ディンゴの従業員は全員解雇、未払賃金立替払を申請中

    ディンゴの従業員は全員解雇、未払賃金立替払を申請中

  4. 「狼と香辛料」作者が送るVRアニメ『Project LUX』Steam配信へ

  5. グラビアVRの圧倒的没入感を支える技術とは、「トキメキメテオ」の撮影を手がける株式会社シータに訊いた

  6. GTX 1080 Tiで動作する『FF15』!GDC海外映像―ネコもふさふさ

  7. JRPG新境地―イメージエポック御影氏が語る・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第16回

  8. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  9. CygamesコーポレートCM「世界は、もっとおもしろくできる。」篇 放送決定―『神撃のバハムート』生誕5周年記念

  10. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

アクセスランキングをもっと見る