人生にゲームをプラスするメディア

『バイオハザード4』初日売上は11万7000本、27日初日速報

ゲームビジネス その他

忍之閻魔帳によれば27日に発売された『バイオハザード4』の初日売上は11万7000本(消化率予測は63%)となったそうです。出荷本数は約20万本と見られ、順調なスタートを切ったと言えるのではないでしょうか。GCユーザーならば買わないのは勿体無いと言えるくらいの作品になっており、どれだけ数字を伸ばすか注目したいですね。

同日に発売されたニンテンドーDSの『キャッチ!タッチ!ヨッシー!』は推定販売本数2万3000本、消化率は18%でした。少々低い数字ですが、昨年末に発売された『ヨッシーの万有引力』も低い初動からじわじわと数字を伸ばして10万本を突破していますので、これからの伸びに期待できるでしょう。

GBAで発売された『探偵 神宮寺三郎 白い影の少女』は6200本、『三國志英傑伝』は1400本、『三國志孔明伝』は850本でした。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. ガンダムVR『ダイバ強襲』が関西へ! モビルスーツ同士の戦いを間近すぎる距離で体感

    ガンダムVR『ダイバ強襲』が関西へ! モビルスーツ同士の戦いを間近すぎる距離で体感

  3. 「ゲーム開発者の選択肢を広げる企業に」CRI・ミドルウェア押見正雄社長に聞く同社の過去・現在・未来

    「ゲーム開発者の選択肢を広げる企業に」CRI・ミドルウェア押見正雄社長に聞く同社の過去・現在・未来

  4. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  5. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  6. 【フェスティバル・オブ・ゲームス】ゲームブックから『トゥームレイダー』まで、ゲームデザインの巨匠が語る

  7. 【オールゲームニッポン】ゲームプロデューサー安田善巳氏とゲームアナリスト平林久和氏による"ゆるーい"対談はじまります(第1回)

  8. 【GTMF 2014】Havok Destructionがバージョンアップ! 大量の破片が飛び散る、次世代の破壊表現とは?

  9. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  10. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

アクセスランキングをもっと見る