人生にゲームをプラスするメディア

『大玉』は「タルコンガ」を使用?

任天堂 GC

ビバリウムと任天堂がゲームキューブ向けに開発している戦国時代を題材にした異色のピンボールゲーム『大玉』ですが、発表当時に噂されたように「タルコンガ」を使った操作に対応しているようです。ドンドンドンドン叩くのはこのゲームに似合っているかもしれません。

新しいニュースはありません。しかし「タルコンガ」を使用するのは事実です。「タルコンガ」はマルチプレイヤーモードで使用します。1人のプレイヤーが普通のコントローラーで操作している間に、もう一方のプレイヤーはコンガを叩いて相手の気を散らしてやるのです。冗談を言ってる訳ではありません。

だそうです。この方法ならどんなゲームでも「タルコンガ」対応になってしまうよな気がしますが(笑)。冗談でないとするとこれはどのようになるのか、文字だけでは少し想像し難いものです。今年のE3にも出展されるのでしょうかね。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  2. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  3. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

    ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  4. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  5. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  6. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  7. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  10. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

アクセスランキングをもっと見る