人生にゲームをプラスするメディア

テイク2がMLB選手会と7年契約を締結

ゲームビジネス その他

THE WALL STREET JOURNALはテイク・ツー・インタラクティブがMLB選手会との間で今後7年間の肖像権などの使用契約を間もなく締結すると伝えました。今後はMLBとの間でも球場やチーム名の使用権に関して交渉を続けていくとのことです。

契約は今週にも発表される見込みで、今後7年間で8000万〜9000万ドルを支払います。選手会に近い筋によれば、今後テイク・ツーが予定する1億5000万ドル近い野球ゲームへの投資を評価したものだそうです。この契約ではフラットフォーマーである任天堂、ソニー、マイクロソフトを除くサードパーティではテイク・ツー以外がこれらを使用することが不可能となります。

テイク・ツーはESPNブランドで昨年発売したスポーツゲームが高い評価を受け、この分野をより強化する計画でしたが、ライバルのEAがNFLとの独占契約を結んだのに続いて、ESPNとも独占契約を結んだことで、先行き不安となっていました。今回の契約はテイク・ツーの最初の反攻と言えるでしょう。

これに関してEAのスポークスマンのJeff Brown氏「これが締結されたとしても、単にEAを排除するだけで、他のパブリッシャーは野球ゲームを作ることができる。これは高価な契約だ」としました。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  3. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  5. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  6. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  7. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  8. あの“ひみつ道具”が実現!? 「ドラえもんVR『どこでもドア』」先行試遊会を開催

  9. ポケモンUSAの社長が交代

  10. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

アクセスランキングをもっと見る