人生にゲームをプラスするメディア

「開発ラインを半分見ている」任天堂岩田社長インタビュー

ゲームビジネス その他

夕刊フジBLOGに任天堂の岩田聡社長へのインタビューが掲載されています。インタビューによれば、岩田氏は宮本氏と共に開発ラインの半分ずつ指揮しているそうです。宮本氏の負担を減らす為に、専用部署を作ったという話もありましたね。

「宮本(茂専務=スーパーマリオシリーズ開発で知られる)と開発ラインを半分ずつ見ています。たとえばDSの『大合奏!バンドブラザーズ』というソフトでは、現場の開発者とメールなどでかなり突っ込んだやり取りを行いました」

だそうです。岩田氏は元々HAL研究所で豪腕プログラマーとして活躍していて、任天堂の多くの作品に関わってきました。特に開発が暗礁に乗り上げた『MOTHER2』の開発現場での活躍は伝説になっています。

「僕は高校時代、PCでゲームを作ってみんなに遊んでもらってたんです。みんな『岩田の作るゲームって、面白いじゃん』と喜んでくれた。自分で何かを作って人を喜ばせることが僕は好きなんですね。ゲームの開発は、こういう喜びがないと続けられません」
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  4. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  5. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  6. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

  7. 【昨日の人気記事チェック】【ゲームニュース一週間】Wii、PS3、Xbox360の“次の一手”、そして最後に目指すべき場所(12月30日)

  8. Oculusに対応した未知のゲーミングチェア「MMOne」がデンジャラス…360度回転する

  9. 今までのソーシャルゲームを全否定するような企画書を見て驚愕しました・・・『チェインクロニクル』ビジネス戦略について聞く

  10. 【GDC2012】インタラクティブ映像監督David Cage氏が語るゲームナラティブに不可欠なパフォーマンスキャプチャとは

アクセスランキングをもっと見る