人生にゲームをプラスするメディア

第21回次世代ワールドホビーフェア大阪会場レポート

ゲームビジネス その他

2005年春のホビーフェア、大阪会場の様子です。
  • 2005年春のホビーフェア、大阪会場の様子です。
  • 2005年春のホビーフェア、大阪会場の様子です。
  • 2005年春のホビーフェア、大阪会場の様子です。
  • 2005年春のホビーフェア、大阪会場の様子です。
  • 2005年春のホビーフェア、大阪会場の様子です。
  • 2005年春のホビーフェア、大阪会場の様子です。
  • 2005年春のホビーフェア、大阪会場の様子です。
  • 2005年春のホビーフェア、大阪会場の様子です。
16日、全国4会場の先陣をきって大阪ドームにて第21回次世代ワールドホビーフェアが開幕しました。16日の大阪は多少雨模様の天気でしたが、開場時間の9時ごろになると晴れ間も見えました。


大阪ドームに向かう皆様

毎回混雑するホビーフェアですがそれは今回も変わりません。大阪ドームの最寄り駅JR大正駅を出るとすぐに展示ブース行きと物販ブース行きの列に分かれます。どちらも混雑していて、10時過ぎには入場まで30分程度を要するくらいになっていました。会場内も多くの人で溢れていて、特にニンテンドーDSを持っている人が多いのかワイヤレス通信も困難な状況でした。

任天堂ブース

任天堂ブースでは発表されたばかりの『Dance Dance Revolution with MARIO』を始めとして、『スターフォックスアサルト(GC)』、『キャッチ!タッチ!ヨッシー!(DS)』、『タッチ!カービィ 魔法の絵筆(DS)』、『マリオパーティアドバンス(GBA)』を体験できました。イベントは『DDR』、『ヨッシー』、『ジャングルビート』が行われました。

任天堂ブースでゲームを遊ぶとスクラッチカードをもらうことができ、こすって出てきた点数の合計に応じて景品がもらえました。もらえた景品は下の通りですが、午後1時くらいには品切れになるものもありました。他の会場に行かれる方は早めに交換されることをオススメします。

・10点 パイプチェア
・8点 トートバック/ショルダーポーチ
・5点 ペンケース/ハンドタオル
・3点 キラキラ4色ボールペン
・2点 ニンテンドーDS液晶クリーナー
・1点 ポストカードセット

ポケモンブース

ポケモンのブースではニンテンドーDS『ポケモンダッシュ』の対戦プレイができました。「ゴンベ」のコース配信も行われていました。コース配信は"レギュラーカップ5カップクリア"と"スペシャルカップに1つ空きがあること"を満たすことで受けられます。もちろん『ポケモンダッシュ』のカードとニンテンドーDS本体は必須です。

愛知万博で設置されるポケパークの宣伝もお姉さんが一生懸命してました。

バンダイブース

インサイド一押しの『メテオス』の体験版の配信が行われていました。体験版をもらうと説明用に冊子がもらえました。試遊台では2人対戦のみができました。ブース内のステージではゲーム大会も行われました。

ナムコブース

ナムコブースでは『パックピクス(DS)』の試遊ができましたが、ニンテンドーワールドTouch!DSと同じ開発度50%のものでした。今後の会場では別のバージョンが用意されることになるのでしょうか? ちなみに、プレイすると『塊魂(PS2)』の王様の鼻ひげペーパークラフトがもらえました。

その他
その他、コナミブースでは『続・ボクらの太陽〜太陽少年ジャンゴ〜(GBA)』が、カプコンブースでは『ロックマンゼロ4(GBA)』が、スクウェア・エニックスブースでは『エッグモンスターヒーロー(DS)』を体験することができました。

以上、大阪会場の簡単なレポートです。各ゲームの詳細なレポートは今後掲載します。なみに会場の客層は50%が子どもで35%が親で15%がゲーマーという感じでした。

(Reported by こう/ギミック)
《こう》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

    任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

  2. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

    ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  3. 【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激

    【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激

  4. 10月7日、イオンレイクタウンにVR体験施設「VR Center」がオープン!ホラーや対戦アクションなど9種類のコンテンツが登場

  5. Oculus、VR技術巡る裁判でZeniMaxに5億ドルの賠償金支払いへ【UPDATE】

  6. VRコントローラー「Oculus Touch」をどう使う? 違和感ない操作をOculusのエンジニアがアドバイス

  7. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

  8. 【レポート】Cygames、エンジニア採用セミナーで最前線の開発環境や取り組み語る

  9. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  10. 2016年英国ゲームセールスの58%は「デジタル販売」、初のディスク凌駕に

アクセスランキングをもっと見る