人生にゲームをプラスするメディア

2005年1月の任天堂新製品説明会まとめ

ゲームビジネス その他

12日・13日頃に任天堂の新製品展示説明会が行われました。2月3月に発売されるソフトが展示されるとのことで年度末の注目タイトルの情報が出てきました。この説明会について簡単にまとめてみます。

説明会はプレゼンテーションと展示の2部に分かれていて、プレゼンテーションでは支店長クラスから挨拶があって実際のソフトの説明に入るという感じになります。冒頭ではニンテンドーDSの1ヶ月の出荷数が145万台となったこと(GBAを上回るペース)、GBAも年末商戦で50万台、GCもハードは前年を割るもののソフトが非常に好調だったことが説明されました。また、任天堂が集計した1292人を対象としたアンケートではDSについて52%が「とても満足している」、39%が「まあまあ満足している」と答えたそうです。

次いで年明けに放映されるCMが上映されました。『キャッチ!タッチ!ヨッシー!』・『大合奏!バンドブラザーズ』・『ドンキーコング ジャングルビート』の3タイトルです。ヨッシーやバンブラは既報の通り、ジャングルビートは年末に放映したものをアレンジして1月14日〜1月30日に放映されます。ヨッシーのCMには「おかげさまで150万台」のコピーが入ります。また、1月18日から試遊台を設置している店舗に体験版が送られるそうです。

次いでタイトル毎に発売日順にまとめ。

『タイガーウッズPGAツアー』はタッチパネルを生かした「タッチスウィングコントロール」を搭載したゴルフゲームです。タッチペンによって直感的なショットを実現しています。PGA公認のゴルフコースを含めて6つのコースが登場、選手はタイガーウッズやアーノルド・パーマーなど新旧の8人のスターが登場します。2月17日発売、5040円。

『アナザーコード 2つの記憶』は"謎にさわれる推理小説"、失踪した父を探すためにブラッド・エドワード島に到着した少女アシュレイ・・・DSの機能を使った謎解きをして父の手かがリに迫っていきます。見下ろし型のアドベンチャーゲームになります。2月上旬〜3月上旬にCM放映予定、月刊任天堂2月号にムービーが収録されます。2月24日発売、4800円。

『メテオス』はメテオを打ち上げる新感覚の"打ち上げパズル"。1月下旬〜4月下旬にCM放映予定、2月上旬に体験版配布予定。2月24日発売、5040円。

『スターフォックス アサルト』は臨場感溢れる3Dシューティングシリーズの最新作。アーウィン、ランドマスター、そして地上戦で多彩なプレイを、ナムコ製作で新しい生命を吹き込まれた注目作です。2月上旬〜3月上旬にCM放映、月刊任天堂2月号、3月号、4月号に体験版とムービーが。2月24日発売、6800円。

『牧場物語 しあわせの詩』は今までの人気キャラが総登場するシリーズ最新作です。初めて登場するライバルの存在や個性豊かな村人との交流の中であなただけの"しあわせ"を見つけましょう。2月上旬からCM放映、月刊任天堂2月号にムービー収録。3月3日発売、7140円。

『パックピクス』はタッチペンで描いたパックマンが動き出すという今までにないゲーム。今までにあった基本的なゲームに加えて、矢を描くと飛んでいってゴーストを落とすことができたり、火がある場所ではバクダンを描いてゴーストを倒すことができるようになっています。2月下旬〜3月下旬にCM放映予定、月刊任天堂2月号、3月号にムービー収録、2月下旬に展示台設置店に体験版が配布予定。東海地区では駅貼り広告も。3月10日発売、5040円。パックマンの形の特製タッチペンが購入特典に。

『千年家族』は神様となってある家系の1000年間を見守る家族観察シミュレーションです。そっと見守るのも、積極的に導くのも全ては神様次第。通信で他のプレイヤーの家族と結婚させることも。ゲームをしてない間にも時は過ぎていくそうです。2月中旬〜3月中旬にCM放映予定、月刊任天堂2月号、3月号にムービー収録。3月10日発売、4800円。

『ドンキーコンガ3 食べ放題!春もぎたて50曲』はタルコンガを使って演奏する音楽ゲームの第3段。今回は今まで一番多い50曲を収録。「シャッフルモード」では同じ曲でも演奏する毎に楽譜が変わるそうです。3月上旬からCM放映予定、月刊任天堂2月号、3月号にムービー。3月17日発売、4500円。

『牧場物語 コロボックルステーション』はほのぼの生活が楽しめるシリーズ最新作。タッチパネルを使って動物達と文字通り"ふれあう"ことができます。町の様子を伝えてくれるコロボックルステーションも登場します。GBA『ミネラルタウンのなかまたち』と連動します。2月上旬〜3月にCM放映予定。3月17日発売、5040円。

『ONEPIECE グラバドRUSH』はワンピースの3Dアクションシリーズの第4作目です。グラフィックの強化はもちろんのこと、大迫力の必殺技で今まで以上に楽しいグラバドです。3月17日発売、7140円。

『ボボボーボ・ボーボボ 脱出ハジケロワイアル』はボーボボの仲間たちが40人も登場する対戦格闘ゲームです。また、使用できないキャラも含めると144キャラにもなり、今後アニメで登場予定のキャラも先取りしてます。ルールは相手を土俵の外に落とすだけの簡単ルールで誰でも楽しめるケームです。3月17日発売、7329円。

『金色のガッシュべル!! 友情タッグバトル2』は術者と魔物がタッグで戦う対戦格闘ゲーム。新たに搭載されたストーリーモードや、2人で力を合わせて繰り出すコンビネーションジャンプアタックが可能になりました。3月24日発売、7140円。

『タッチ!カービィ 魔法の絵筆』は"描いた虹が道になる"カービィをタッチペンで自在に導いていくアクションゲームです。カービィもステージも敵もタッチするだけでゲームを進めていける簡単操作で、DSならではの楽しさを堪能できます。コピー能力も10種類以上です。3月上旬〜4月上旬にCM放映、月刊任天堂3月号、4月号にムービー収録、3月上旬に試遊台設置店に体験版配布とのこと。3月24日発売、4800円。カービィカラーの特製タッチペンが同梱。

『真・三国無双アドバンス』は沢山の敵をなぎ倒す爽快感がウリのアクションゲームがGBAにて楽しめます。200以上登場する武器の収拾などヤリコミ要素もあります。3月中旬〜3月下旬にCM予定、月刊任天堂3月号にムービー収録。3月24日発売、5040円。

『役満DS』はごともから大人まで気軽に楽しめる麻雀ゲーム。初心者でも楽しんでもらえるようにチュートリアルや辞書機能も充実してます。マリオ達と対戦することもできるようになっています(登場しない設定も可能)。1つのカートリッジで4人まで遊べるのも嬉しいですね。3月31日発売、4800円。

春発売予定のニンテンドーDS向けタイトルには『Nintendogs』・『ゴールデンアイ』・『SDガンダム』、GBA向けには『The Tower SP』・『ワンピースオーシャンズドリームBattleEddition』が予定されているそうです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  6. 【CEDEC 2014】『艦これ』「Unreal Engine 4」「Softimage」「PS4シェア」など今年のCEDECアワードが発表

  7. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  8. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  9. 【レポート】Cygames、エンジニア採用セミナーで最前線の開発環境や取り組み語る

  10. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

アクセスランキングをもっと見る