人生にゲームをプラスするメディア

「レボリューションは今年から来年にかけて」任天堂岩田社長

任天堂 Wii

任天堂の岩田聡社長は京都新聞の新春トップインタビューに答えて、今年5月のE3で発表予定の「レボリューション(仮称)」の発売時期について「据え置き型の移行期間とされる今年から来年にかけてが有力だ」という見解を示しました。

―今年は新しい据え置き型ゲーム機を発売する予定だ。他社も新型機を準備してますが、どんな展開になりますか

新しい据え置き型の「レボリューション(仮称)」も根っこの狙いはDSと同じ。見るからに難しそう、邪魔になる、自分には関係ないとならないよう、間口を広げるゲーム機にしたい。具体的な内容は、5月に米国で開かれる国際ゲーム見本市E3で発表する。発売時期は据え置き型の移行期間とされる今年から来年にかけてが有力だ。DSのキーワードは「異質な商品」だったが、レボリューションは「遊びのパラダイムシフト(既成の枠組みの転換)」になる。

DSとPSPの関係がそうであるように、他社と同じ土壌の争いにはしない。市場が縮小するようなシェア争いをする気はない。勝負のポイントは、当社が活躍し、以前のゲームファンを呼び込むと同時に新しい客層を広げられるかどうか。市場が拡大すれば、当社の取り分も大きくなる。

岩田氏はアニメ製作への参入についてもコメントしています。現在はシナリオライターや監督、制作会社に接触している段階で、映画とゲームの融合で生まれる可能性を模索しているとのこと。参入は早くても2006年夏との見方を示しています。

《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. ヨドバシ.comでニンテンドースイッチ(グレー)の予約受付が再開【追記あり】

    ヨドバシ.comでニンテンドースイッチ(グレー)の予約受付が再開【追記あり】

  2. 『スプラトゥーン2』「タテ振り」アクションに注目集まる“ローラー”には更なる調整が! 公式Twitterが映像付きで報告

    『スプラトゥーン2』「タテ振り」アクションに注目集まる“ローラー”には更なる調整が! 公式Twitterが映像付きで報告

  3. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  4. ファミコン700作以上の海外スピードラン、3年がかりで遂に完走

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  6. スイッチ版『VOEZ』にはオリジナル楽曲を含む全116曲が収録、独占楽曲追加の無料アプデも実施予定

  7. 【Wii U DL販売ランキング】『MINECRAFT:Wii U EDITION』首位奪還、『ファイアーエムブレム』シリーズ人気再び(2/27)

  8. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  9. 今週発売の新作ゲーム『Nintendo Switch+Joy-Con(L)/(R)』『Horizon Zero Dawn』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』『1-2-Switch』他

  10. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

アクセスランキングをもっと見る