人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が開発費・宣伝費を50億円積み増し―2005年3月期

ゲームビジネス その他

13日付けの日経金融新聞によれば任天堂の2005年3月期の研究開発費と広報宣伝費を期初計画からそれぞれ20億円、30億円の増加となるようです。研究開発費、広報宣伝費は揃って過去最高となる見通しです。

今期の研究開発費は前年度に比べて39%増、当初計画より20億円多い220億円となる見通しです。連結売上高研究開発費比率は4.1%となります。好調なニンテンドーDS向けソフトの開発を推進し、新型ゲーム機の開発にも費用を投じるとのこと。

ニンテンドーDS発売に際して国内外で積極的な宣伝活動を行った結果、広報宣伝費も前年度に比べて8%の580億円と当初の計画より30億円増加しました。売上高広告宣伝費比率は10.7%です。

加えて、好調なニンテンドーDSの増産体制を整える為に設備投資も76%増の40億円と大幅に増やすそうです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

    金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  2. VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

    VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

  3. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

    VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  4. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  5. ブシロードとグリーがスマホゲーム開発で業務提携、『戦姫絶唱シンフォギア』をポケラボが開発

  6. 【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激

  7. あの“ひみつ道具”が実現!? 「ドラえもんVR『どこでもドア』」先行試遊会を開催

  8. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  9. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  10. 【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

アクセスランキングをもっと見る