人生にゲームをプラスするメディア

2005CESの任天堂ブースの様子

ゲームビジネス その他

Nintendo Insiderにて2005 Consumer Entertainment Expot(CES)の任天堂ブースの様子の写真が掲載されています。CESはエレクトロニクス業界の一年を睨む重要なショーですが、任天堂としては余り重視してないらしく今年も特に注目される展示はありませんでした。

CESで任天堂は車両を改造した特設ブースに『マリオテニスGC』を展示したり、『メトロイドプライム2』用の大型プラズマディスプレイを用意するなどしていました。この他出展されていたのは『さわるメイドインワリオ』、『バイオハザード4』、『スターフォックス アサルト』そしてDS向けの新しいパズルゲーム『Polarion(ヒトフデ?)』だとのこと。

ちなみにソニーやマイクロソフトもCESでは特に大きな動きはありませんでした。ソニーがPSPを「3月に発売するかも」と言ったくらいですね。次の注目は3月7日からサンフランシスコで開催されるGame Developers Conference 2005(GDC)で、ここでXboxの後継機Xenonが発表されるのではないかと見られています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  2. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  3. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  4. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  5. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  6. 専門誌「電撃ゲームス」が休刊に・・・21号で

  7. 川口博史、崎元仁、土屋昇平ら著名コンポーザーが日本のゲーム音楽を振り返る―黒川塾(二十弐)

  8. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  9. ソニックファンの少年、ハリネズミを飼う権利を勝ち取る

  10. 『レゴ バットマン2』が3週連続トップ!新作は『シアトリズム』がランクイン 7月1日~7日のUKチャート

アクセスランキングをもっと見る