人生にゲームをプラスするメディア

ビベンディがユービーアイソフトの買収を否定

ゲームビジネス その他

フランスの一部新聞が報じたことでビベンディ・ユニバーサル・ゲームスがユービーアイソフトを買収する交渉を進めているとの噂が広がっていましたが、ビベンディはこれを否定しました。

「報道された、ビベンディがユービーアイソフトの買収の交渉を行っているというのは事実ではありません」とプレスリリースで会社は述べています。フランスのL'Agefiがビベンディのコメントとして「資本関係を持つ用意がある」として伝えたことで噂が広まりました。

ユービーアイソフトは先月末にエレクトロニック・アーツが20%の株式を取得したことを敵対的な買収行為と捉えていて、ビベンディが友好的な相手として上がったのではないかと見られていました。もし両社が合併すればインフォグラムス(アタリ)を上回りフランス最大のパブリッシャーとなります。

そのインフォグラムスのCEOのBruno Bonnell氏も、ユービーアイソフトが独立を維持する為に必要なサポートを行う用意があると表明しています。
《土本学》

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

    企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  3. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  4. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  5. トキワ荘プロジェクト、「プロ漫画家向け確定申告講習会」を京都・東京の2箇所で開催決定

  6. ガンダムVR『ダイバ強襲』が関西へ! モビルスーツ同士の戦いを間近すぎる距離で体感

  7. CRI・ミドルウェア、「CRI ADX 2」をインディーズ開発者向けに無償提供

  8. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  9. 『ラブプラス』などを手がけた内田明理、プロレスゲームを得意とする「ユークス」に入社

  10. 『グランブルーファンタジー』VRデモ一般公開!3DCGになったヴィーラとフェリに会える

アクセスランキングをもっと見る