人生にゲームをプラスするメディア

北米でのニンテンドーDS売上は130万台を突破―2005CES

任天堂 DS

ゲーム業界は携帯ゲーム機のラッシュ、特にニンテンドーDSのラッシュで2004年を締めくくりました。新しい年のスタートはこれを継続し、北米で130万人の新しいゲームを体験し、今までには有り得なかった方法で対話するニンテンドーDSオーナーと共に始まります。ラスベガスのConsumer Electronics Showから、任天堂は2005年Q1に新しく計画する、綺麗な絵よりも多くの意味が携帯ゲームにあることを証明し、このコミュニティを拡張するだろうゲームを発表します。

任天堂オブアメリカは米国ラスベガスで開催されている2005 Consumer Electronics Show(CES)から、11月21日に発売したニンテンドーDSの北米地域での販売台数が130万台を超えたことを発表しました。

「ゲームメーカーやユーザーはニンテンドーDSのほんの可能性に触れたに過ぎません。2005年に私達は2004年に体験した興奮を続けるでしょう」と任天堂オブアメリカ上級副社長セールス&マーケティングのジョージ・ハリスン氏はコメントしています。

ニンテンドーDSでは120タイトル以上が開発されています。代表的なものは『ニード・フォー・スピード・アンダーグラウンド2(EA)』、『さわるメイドインワリオ』、『ポケモンダッシュ』、『ヨッシーのタッチ&ゴー(任天堂)』、『レトロアタリクラシックス(アタリ)』などです。更にGBAとの互換によって500以上のラインナップを利用することができます。

2004年に800万台が売れたGBAも引き続き強力なラインナップです。『まわるメイドインワリオ』、『ゼルダの伝説〜ふしぎのぼうし』、『ファイアーエムブレム 聖魔の光石』、『ポケットモンスター エメラルド(任天堂)』、『エースコンバットアドバンス』、『クロノア2(ナムコ)』、『バンジョーパイロット(THQ)』が主なタイトルです。

ゲームキューブも豊富なラインナップが揃います。『スターフォックス アサルト』、『ガイスト』、『ドンキーコンガ2』、『ドンキーコング ジャングルビート(任天堂)』、『biohazard 4』、『キラー7(カプコン)』、『NBAストリートV3(EA)』、『スプリンターセル カオス・セオリー(UBI)』、『モータルコンバット(ミッドウェイ)』、そして『ゼルダの伝説』など60タイトル以上が開発中です。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

  2. 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

    『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

  3. 『マリオカート8 デラックス』新機能「ハンドルアシスト」や新参戦キャラもお披露目! 有野晋哉やザ・たっち、小松未可子がガチ対戦

    『マリオカート8 デラックス』新機能「ハンドルアシスト」や新参戦キャラもお披露目! 有野晋哉やザ・たっち、小松未可子がガチ対戦

  4. スイッチ向け新作RPG『Project OCTOPATH TRAVELER』開発情報を綴るFacebookページが公開

  5. 2017年も『ポケモン』×「カゴメ」のケチャップキャンペーンが開催!「ねぶくろピカチュウぬいぐるみ」などが当たる

  6. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ステージで声優の青木瑠璃子が大興奮!デモ版で広大な世界を冒険

  7. 『スーパーマリオ オデッセイ』新アクション「帽子投げ」もお披露目! 開発者が語るステージ映像が公開

  8. 米任天堂、『ファイアーエムブレム』のダイレクト実施へ―開催は現地18日

  9. ニンテンドースイッチは「すれちがい通信」「Miiverse」に対応せず、海外メディアが報道

  10. 宮本茂が語る『スーパーマリオ オデッセイ』への思い ─ 本作は“ガッツリ遊べるアクション”に

アクセスランキングをもっと見る