人生にゲームをプラスするメディア

DS『キャッスルヴァニア』第一報

任天堂 DS

Electronic Gaming Monthlyの最新号にニンテンドーDS『キャッスルヴァニア』の記事が掲載されているようです。それによれば最新作はGBA『キャッスルヴァニア -暁月の円舞曲-』を踏襲した作りになっているようです。北米での発売は2005年秋です。

今作はニンテンドーDSの機能を生かしたものになっていて、上画面について、プロデューサーの五十嵐氏は「上の画面には現在の状態やマップの位置を表示します」と説明しています。

また、純粋なアクションゲームだから同時にボタンやスタイラスを組み合わせて遊ぶのは違うのではないか、という考え方から「メインのゲームは下画面で展開されるけど、指を使って操作するのは"マジック・シール システム(Magic Seal system)"を使う時だけ」とのことです。

"マジック・シール システム"はボスと戦うときに使われるもので、ボスは単にヒットポイントを0にするだけでは死なずに、最後表示される魔方陣のような図形をきちんと描くことで、ボスを封じ込めることができるそうです。間違って描いてしまうと戦闘が続きます。

五十嵐氏によればDSは「最高の2Dゲームプレイを伝えることが出来る携帯機で」グラフィックはPS1よりも上だそうです。ゲームでも確かにグラフィックは向上していることが分かります。またサウンド機能を生かすためにシリーズの音楽を担当している山根ミチル氏がスーパーバイザーを務め、一部のメイン曲は氏自身が作曲するそうです。

また、通信機能については「2人の主人公が一緒に冒険するのは好まない」ということでマルチプレイヤーはなさそうですが、時間が許せば対戦機能やソウルの交換、カスタマイズしたマップの交換などができるようにしたいとのことです。

発売は海外で秋ということは国内では夏ごろになるのでしょうか、発売が楽しみです。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【3DS DL販売ランキング】『スーパーマリオメーカー for 3DS』3位、VC『ライブ・ア・ライブ』初登場ランクイン(12/1)

    【3DS DL販売ランキング】『スーパーマリオメーカー for 3DS』3位、VC『ライブ・ア・ライブ』初登場ランクイン(12/1)

  2. 濱口エグゼクティブがポケモンをとったどー!「ゲームセンターDX」今回は『ポケモン サン・ムーン』に挑戦

    濱口エグゼクティブがポケモンをとったどー!「ゲームセンターDX」今回は『ポケモン サン・ムーン』に挑戦

  3. 『とびだせ どうぶつの森』アプデで『スプラトゥーン』『ゼルダ』『モンハン ストーリーズ』のamiiboコラボが実施!

    『とびだせ どうぶつの森』アプデで『スプラトゥーン』『ゼルダ』『モンハン ストーリーズ』のamiiboコラボが実施!

  4. 【TGA 16】豊かな世界と戦闘シーンを描く『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』独占映像!

  5. 【TGA 16】『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』新プレイ映像!未見エリアを探索

  6. 『ミートピア』主人公も仲間も大魔王も“Mii”で配役! 「みんなのMii」機能で手軽に楽しむことも…最新映像で魅力に迫る

  7. 「Wii」発売10周年!名作『FOREVER BLUE』に思いを馳せる

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 『ポケモン サン・ムーン』最速攻略本+完全攻略ガイド発売決定!ポケモンの生まれながらの能力を最大まで上げる「きんのおうかん」付属

  10. 『とびだせ どうぶつの森』アプデで「パネポン」「無人島脱出ゲーム」が追加!

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top