人生にゲームをプラスするメディア

【DEVELOPER PROFILE】第13回 Matrix Semiconductor

任天堂 その他



Matrix Semiconductorは1998年に設立されたファブレス半導体メーカーで、Thomas Lee博士によって創業されました。多層構造を持つ3Dメモリの研究開発を行い、2001年に世界で始めて商用向け3Dメモリ「Matrix 3-D Memory」の開発に成功しました。これを受けて本格的な事業展開を開始するに当たって5200万ドルの出資を募集し、任天堂はこのうち1500万ドルを出資しました。次世代ゲームボーイに利用されるのではないかという憶測がありましたが、ニンテンドーDSではこれまでのところ利用されていない模様です。

創業者のThomas Leeはスタンフォード大学の教授を務めている尊敬されるエンジニアであると同時に成功した企業家でもあります。LeeはS.B.、S.M.、Sc.D.をマサチューセッツ工科大学で取得し、Analog Devices(『ヨッシーの万有引力』の回転センサーを提供したメーカーでもあります)に就職し、キャリアを始めました。1992年にラムバスに移籍しCMOSメモリの回路設計を担当しました。1994年からはスタンフォード大学の機械工学科でギガヘルツ通信に関する研究を行いました。1998年に共同創業者としてMatrix Semiconductorを設立しました。現在の役職は創業者・先端開発ディレクター。

Matrix Semiconductorの目標とする3Dメモリとは従来のメモリが一層の記録層で構成されるのに対して、多層構造を持ったものです。通常のメモリで大容量化を図るためには面積辺りの記録密度を高める必要がありますが、3Dメモリでは同じ面積でも層を重ねることで大容量化が可能になります。さらにコストの削減にもなる画期的なものです。Matrixは台湾のTaiwan Semiconductor Manufacturing Companyは2001年12月に世界初となる商用3Dメモリ「Matrix 3-D Memory」の開発に成功したと発表しました。

技術の開発に成功したMatrixは本格的に事業を立ち上げる為に合計5200万ドルの出資を募りました。任天堂はこのうち1500万ドルを出資し、7,218,239株を取得しました。このとき任天堂の広報室の皆川氏は「ポータブル機器の市場は球速に拡大しています。マトリックスのコストと密度という現在の技術からの利点は私達のゲームボーイアドバンスのメモリの要件を満たします。私達はマトリックスの技術がより刺激的なゲームを作るのを助けると信じます」とコメントし、次世代GBAへの採用を視野に入れているようでした。このとき出資した会社には任天堂の他にTeleSoft Partners、Benchmark Capital Europe、Integral Capital Partners、Seagate Technologyがあります。Matrixはこの他にもマイクロソフト、ソニー、コダックなどの出資も受けています。

実際に「Matrix 3-D Memory」を利用した製品は2002年中に投入されることがアナウンスされていました。しかし予定は大幅にずれ込み、本格的に出荷が開始されたのは2004年11月になりました。Matrixの副社長販売マーケティングのDan Steere氏は「ここから学んだ最も大きな教訓は、何かを1つだけ作り出すのは容易だが、それを何百万個も作ろうと思うと、途端に難しくなるということだ」としています。結局第1世代はパイロット生産のみに終わり、改良を加えた第二世代から実際の製品展開が開始されることになりました。生産は一昔前の製造技術でも容易にできるようになっているそうです。

「Matrix 3-D Memory」を利用している製品としてはマテル社の子供向け動画プレイヤー「Juice Box」や、国内ではシャープの携帯用電子辞書「PW-C8000」など3機種に搭載されることが決まりました。現在のところ、ライトワンスのメモリとして出荷されている為、書き換えの必要のない用途に限られますが、将来的には何度も書き換えが可能なメモリの生産も計画されているそうです。

任天堂は次世代ゲームボーイに「Matrix 3-D Memory」を採用する意向を持っていたようですが、ニンテンドーDSでは今の所採用されていないようで、台湾のマクロニクスが製造するマスクROMが使われています。既に述べたように生産開始に手間取った為に見送られたという可能性もありそうです。しかしながら生産が軌道に乗れば将来的にはニンテンドーDSやその他のゲーム機で採用される可能性は高いと言えるのではないでしょうか。


Matrix Semiconductor
[マトリックス・セミコンダクター]

・社名 MATRIX SEMICONDUCTOR, INC.
・創業 1998年
・住所 3230 SCOTT BOULEVARD SANTA CLARA, CA 95054,USA
・社員 105名
・特許取得数 83
・未公開企業
・ウェブサイト http://www.matrixsemi.com/

出資企業
・BENCHMARK CAPITAL
・BENCHMARK CAPITAL EUROPE
・EASTMAN KODAK COMPANY
・INTEGRAL CAPITAL PARTNERS
・マイクロソフト
・任天堂
・SEAGATE TECHNOLOGY
・SKYMOON VENTURES
・ソニー
・TELESOFT PARTNERS
・THOMSON
・WESTERN TECHNOLOGY INVESTMENTS

共同創業者
・MARK JOHNSON
・MICHAEL FARMWALD
・TOM LEE
・VIVEK SUBRAMANIAN

取締役会
・DENNIS SEGERS 社長兼CEO
・SIVA SIVARAM  最高執行責任者
・GEOFF RIBAR  最高財務責任者
・DAN STEERE   上級副社長セールス&マーケティング
・MATT CROWLEY  上級副社長プロダクトデベロップメント
・LIZA TOTH   上級副社長インテレクチャルプロパティ
《土本学》

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【TGA 16】『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』新プレイ映像!未見エリアを探索

    【TGA 16】『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』新プレイ映像!未見エリアを探索

  2. 「Wii」発売10周年!名作『FOREVER BLUE』に思いを馳せる

    「Wii」発売10周年!名作『FOREVER BLUE』に思いを馳せる

  3. 【TGA 16】豊かな世界と戦闘シーンを描く『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』独占映像!

    【TGA 16】豊かな世界と戦闘シーンを描く『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』独占映像!

  4. 濱口エグゼクティブがポケモンをとったどー!「ゲームセンターDX」今回は『ポケモン サン・ムーン』に挑戦

  5. まるで映画のような『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』仰天ファンムービー

  6. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  7. クリスマス限定のニンテンドープリペイドカードがローソンで発売中、12月25日まで

  8. 『とびだせ どうぶつの森』が「フエキのり」とコラボ!“あのノリ”の配信アイテムが登場

  9. 3DS『進撃の巨人 死地からの脱出』武器や立体機動装置を失い、どう生き残るのか…緊迫感溢れるPV公開

  10. 『ポケモン サン・ムーン』作中デザインのTシャツが登場!「スカル団」ピンバッジなども

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top