人生にゲームをプラスするメディア

「レボリューション」も新感覚の操作法を売り物に

任天堂 Wii

任天堂の岩田聡社長は12月12日付の日本経済新聞朝刊でインタビューに答えて、来年5月にロサンゼルスで開催されるE3で発表予定の次世代ゲーム機「レボリューション」について、DS同様に新感覚の操作性を売り物にすることを明らかにしました。

岩田氏は新型機の中身について尋ねられ「詳しくは明かせないが、従来の延長線上でない製品にする。新感覚の操作法を売り物にするのはDSと同じだ」としました。

DS向けに辞書ソフトを開発中と伝えられていますが、「DSはソフト次第では電子辞書など携帯情報端末としても利用できる。本体の価格が上がっては本末転倒だが、ゲーム以外の用途開拓も否定しない」と述べています。

様々な特徴を備えたDSでソフト会社は戸惑うのではという質問には「様々な操作法を盛り込んだためソフト開発の可能性が広がったと歓迎されている。アイデア次第で低予算でも面白いゲームを作れるし、機能を最大限生かした大作を作ることも可能。資金力より発想力が大事で会社の実力が試される」と答えています。

最後にDS発売に関しては「開店直後だけでなく、夕方にも会社帰りの人などで列ができた。今までには見られなかった現象だ。いち早く機器を手に入れたいマニア層以外にユーザー層が広がった現われだ」とひとまず手応えを感じているようです。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

  2. 【Wii U DL販売ランキング】3位『スーパーマリオワールド』連続首位、TOP10安定のランク推移(1/16)

    【Wii U DL販売ランキング】3位『スーパーマリオワールド』連続首位、TOP10安定のランク推移(1/16)

  3. 「闘会議2017」で『ゼルダの伝説 BoW』を先行プレイ! 体験可能なニンテンドースイッチタイトルを発表

    「闘会議2017」で『ゼルダの伝説 BoW』を先行プレイ! 体験可能なニンテンドースイッチタイトルを発表

  4. スイッチ向け新作RPG『Project OCTOPATH TRAVELER』開発情報を綴るFacebookページが公開

  5. 『マリオカート8 デラックス』新機能「ハンドルアシスト」や新参戦キャラもお披露目! 有野晋哉やザ・たっち、小松未可子がガチ対戦

  6. 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

  7. 米任天堂、『ファイアーエムブレム』のダイレクト実施へ―開催は現地18日

  8. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ステージで声優の青木瑠璃子が大興奮!デモ版で広大な世界を冒険

  9. ニンテンドースイッチは「すれちがい通信」「Miiverse」に対応せず、海外メディアが報道

  10. 今週発売の新作ゲーム『GRAVITY DAZE 2』『蒼き革命のヴァルキュリア』『ポチと! ヨッシー ウールワールド』他

アクセスランキングをもっと見る