人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドーDS本日発売!初回出荷は50万台

任天堂 DS

2004年12月2日、遂にニンテンドーDSが発売されます。「異質な商品」として昨年の経営方針説明会で開発が明らかにされて以来、任天堂は「ゲームの定義を広げ、見たことがないものを提供したい」と方向転換の必要性を一貫して訴え続けてきました。

そして「ニンテンドーDS」 2画面、タッチパネル、音声認識と今までのゲーム機とは一線を画す、全く新しいおもちゃ箱が誕生しました。これまで携帯ゲーム機で主流であった十字キーは任天堂が生み出した「常識」であり、それを脇に置くというのは、DSは自らの伝統を超え、今までのゲームを越える決意とも言えます。

製品開発だけではなく、プロモーション面でも今までの任天堂とは違う姿を見せました。宇多田ヒカルを起用したTVCMを発売の2ヶ月前から放映し、それも従来のようにただゲーム画面を見せるのではなく、ゲームを楽しむ様子を映した「ゲームに触れない人に興味を持ってもらう」為のCMでした。

全国5箇所を回るニンテンドーワールドを始めとして、東京・大阪の5箇所で行ったストリート体験会、カフェなどの店頭での試遊台の設置、山の手線の車体への広告など、積極的な広報活動が目に付きました。これも今までには無かったことです。

心配された供給不足も生産拡大に目処がつき、当初予定の年度内350万台から500万台に引き上げられました。国内の初回出荷も30万台から50万台に拡大しました。先に発売された米国では初週に50万台が売れ好調なスタートを切りました。国内でも小売店からの受注は既に200万台を超えていると言われます。

果たして任天堂の新たな提案は受け入れられるのでしょうか、そしてニンテンドーDSはどんな面白さを提供してくれるのでしょうか。

《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【3DS DL販売ランキング】『スーパーマリオメーカー for 3DS』3位、VC『ライブ・ア・ライブ』初登場ランクイン(12/1)

    【3DS DL販売ランキング】『スーパーマリオメーカー for 3DS』3位、VC『ライブ・ア・ライブ』初登場ランクイン(12/1)

  2. 濱口エグゼクティブがポケモンをとったどー!「ゲームセンターDX」今回は『ポケモン サン・ムーン』に挑戦

    濱口エグゼクティブがポケモンをとったどー!「ゲームセンターDX」今回は『ポケモン サン・ムーン』に挑戦

  3. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  4. 【TGA 16】『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』新プレイ映像!未見エリアを探索

  5. 『ミートピア』主人公も仲間も大魔王も“Mii”で配役! 「みんなのMii」機能で手軽に楽しむことも…最新映像で魅力に迫る

  6. 『とびだせ どうぶつの森』アプデで『スプラトゥーン』『ゼルダ』『モンハン ストーリーズ』のamiiboコラボが実施!

  7. 『とびだせ どうぶつの森』アプデで「パネポン」「無人島脱出ゲーム」が追加!

  8. 『ポケモン サン・ムーン』新たなウルトラビーストは折り紙&かぐや姫!?新動画が公開

  9. 『ポケモン サン・ムーン』「GENERATIONS」コラボのCM動画が公開、「Zワザ」のポーズでダンス!

  10. 【対談】『にょきにょき』コンパイル〇仁井谷正充の人生―成功と失敗から再起

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top