人生にゲームをプラスするメディア

北米でのニンテンドーDS初週売上は50万台(2)

任天堂 DS

任天堂オブアメリカは11月21日に発売したニンテンドーDSの初週の売上が50万台だったことを明らかにしました。これは出荷数の90%に当たるそうで、ほぼ完売と言って差し支えなさそうです。

任天堂オブアメリカ上級副社長セールス&マーケティングのReggie Fils-Aime氏は「消費者はニンテンドーDSをこのホリデーシーズンの最もホットなアイテムにしています。もし見つけたら、直ぐに手に取った方がよいでしょう。私達は携帯ゲーム機市場を押さえています。そしてこのホリデーシーズンに私達は再び成功を収めました」とコメントしています。

ちなみにサンクスギビングのこの週にゲームボーイアドバンスは80万台、ゲームキューブは25万台が売れたそうです。

任天堂は年末までに国内で100万台、北米で100万台を出荷するとのことですが、今年度の出荷台数を500万台に増やしていますから、上積みがあるかもしれません。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  2. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  3. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

    ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  4. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  5. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  6. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  7. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  10. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

アクセスランキングをもっと見る