人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】さわるメイドインワリオ(NDS)

任天堂 その他

今回の展示会で最多の24台の試遊台が用意されていたのが『さわるメイドインワリオ』、人気の方も抜群で常に長い行列が出来ていました。一瞬で終わるミニゲームばかり収録されていますから、体験時間が数分の展示会にぴったりのゲームでもありますね。

「まわる」に続くメイドインワリオ最新作ですが、今回の体験版ではニンテンドーDSの機能を生かしたミニゲームを幾つか体験することができました。まずゲーム開始に当たっては利き腕が右か左かを尋ねられます。利き腕に合った様に調節されるそうです。良い気遣いです。

遊ぶことができたミニゲームは、習字のようにタッチペンで文字を書くもの、画面に表示された人に息を吹きかけるもの(マイクに息を吹きかけます)、画面の石版を叩いて割る、といったものがありました。どれも数秒で終えられるものばかりです。確か十数個のミニゲームを終えたところで、ボスステージを遊べました。丸い生き物が上から落ちてくるので、線を一本引いてトランポリンのように、上に跳ね返していく、というものでした。

『さわるメイドインワリオ』は「まわる」から2ヶ月も経たない時期に発売されることになりますが、今作もさすがと思わされる面白いミニゲームとユーモアが詰まっていました。最後に私が確認したミニゲームを下に書いておきます。ネタバレになるので、気にされる方は見ないようにお願いします。

・「かんじをかけ」→習字のように漢字をタッチペンで書く(お手本は薄く表示される)
・「ふーってしてやれ」→画面のキャラの耳元に息を吹きかける(マイクに)
・「かいてやれ」→ワリオの背中をタッチペンでカキカキ
・「わきをくすぐれ」→ワキをくすぐる
・「われ」→風船をタッチペンで突いて割る
・「きれ」→いろいろな物が飛び出してくるのでスッっと切る
・「つかいきれ」→トイレットペーパーを引っ張って使い切る
・「だせ」→シャーペンのノックの部分を叩いて芯を出す
・「あつめろ」→コインを財布に集める
・「くだけ」→石版を叩いて割っていく
・「家までみちびけ」→キャラと家の入り口にラインを引く(途中に穴や障害がある)
・「つかまえろ」→檻を吊っている縄を切って、動物を捕まえる
・「わけろ」→2種類の野菜(?)があるので種類別に区切る
・「火をつけて」→タッチペンをサッと動かしマッチをする
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

  2. スイッチ向け新作RPG『Project OCTOPATH TRAVELER』開発情報を綴るFacebookページが公開

    スイッチ向け新作RPG『Project OCTOPATH TRAVELER』開発情報を綴るFacebookページが公開

  3. 米任天堂、『ファイアーエムブレム』のダイレクト実施へ―開催は現地18日

    米任天堂、『ファイアーエムブレム』のダイレクト実施へ―開催は現地18日

  4. ニンテンドースイッチは「すれちがい通信」「Miiverse」に対応せず、海外メディアが報道

  5. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ステージで声優の青木瑠璃子が大興奮!デモ版で広大な世界を冒険

  6. 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

  7. 『マリオカート8 デラックス』新機能「ハンドルアシスト」や新参戦キャラもお披露目! 有野晋哉やザ・たっち、小松未可子がガチ対戦

  8. 「闘会議2017」で『ゼルダの伝説 BoW』を先行プレイ! 体験可能なニンテンドースイッチタイトルを発表

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 今週発売の新作ゲーム『GRAVITY DAZE 2』『蒼き革命のヴァルキュリア』『ポチと! ヨッシー ウールワールド』他

アクセスランキングをもっと見る