人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】バルーントリップ(NDS)

任天堂 その他

この『バルーントリップ』は手塚氏の作品だそうで、それだけで期待が持てますが、今回体験した限りそれは間違っていないようです。

ゲームは2つのパートから成ります。1つは、上空から落下してくるベイビーマリオを上手く誘導して地上のヨッシーに託す縦スクロールのアクション。2つ目は、ベイビーマリオがヨッシーにまたがって進む横スクロールのアクションです。

最初の縦スクロールは、2つの画面を縦に繋げて使っていて、上画面にベイビーマリオが表示されます。プレイヤーは下画面にタッチペンを滑らせて雲を描くことができます。空には敵や障害物やコインなどが沢山あるので、ベイビーマリオが敵や障害物にぶつからないように、なるべく沢山のコインを集められるように雲を引いていきます。引いた雲は画面がどんどん下にスクロールしていくので、そのうち上画面に表示され、その上にベイビーマリオが転がるように進みますが、確認している余裕はありません、次々に下から見えてくる敵や障害物に備えて次の雲を引かなくてはなりません。

敵は雲でぐるっと一周囲むと倒すことができて、コインになります。このコインはちゃんとベイビーマリオの方に弾いてあげないと取ったことにはなりません。

第2の横スクロールのアクションでは、ベイビーマリオはヨッシーの背中に乗り、ヨッシーの能力を借りながら進みます。こちらも操作はタッチペンのみで行い、ヨッシーを直接タッチするとジャンプ、それ以外の部分をタッチするとその方向にヨッシーがタマゴをぶつけます。タマゴは数に限りがあって、ステージ上にある果物を取ると回復します。タッチペンを滑らせると雲を描くことができます。穴を塞ぐように引いたり、高いところにあるアイテムを取るように引いたり、上手くヨッシーを導きましょう。上の画面にも敵やアイテムは表示されるので、上手くタマゴを狙って当てます。

ゲームはどちらも「上手くヨッシーを誘導する」と非常に単純なミッションですが、スクロールしていって、沢山の敵や障害物やコインが表示されるので、結構忙しくて大変です。タッチパネルや2画面といったニンテンドーDSの機能を上手く生かしたお手本のようなゲームですね。発売はそう遠くないようです、楽しみにしましょう。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 3DSのバグを発見して賞金ゲット?任天堂が海外で報奨金プログラムを開始

    3DSのバグを発見して賞金ゲット?任天堂が海外で報奨金プログラムを開始

  2. 『モンハン ダブルクロス』狩猟スタイル「レンキン」詳細や、新サポート傾向「ビースト」の情報が公開

    『モンハン ダブルクロス』狩猟スタイル「レンキン」詳細や、新サポート傾向「ビースト」の情報が公開

  3. 【レポート】『めがみめぐり』発売記念イベントに伊藤彩沙&尾崎由香が登場、ツクモのおみくじでミラクルを見せる!

    【レポート】『めがみめぐり』発売記念イベントに伊藤彩沙&尾崎由香が登場、ツクモのおみくじでミラクルを見せる!

  4. 短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに

  5. 「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応か

  6. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  7. 【インタビュー】箕星太朗が語る『めがみめぐり』の魅力 ― ツクモちゃんとのやりとりで癒されて貰いたいです

  8. 日活第2弾タイトル『クリーピング・テラー』正式発表!女子高生が恐怖の屋敷を探索

  9. 海外TV番組に「ニンテンドースイッチ」が登場!『ゼルダの伝説』最新作を実機プレイ

  10. 『ポケモン サン・ムーン』ヨーロッパで210万本の販売を達成、発売から12日で

アクセスランキングをもっと見る