人生にゲームをプラスするメディア

次世代機「Revolution」は2006年9月発売?

ゲームビジネス その他

IGNのN-Queryにて任天堂の次世代機「Revolution」について言及されています。

それによると、最近耳にした話によれば任天堂は少数のデベロッパーに対して「Revolution」のスペックを伝えたそうです。あるソースは「スーパーハイエンドのPC」並と話したそうです。次世代Xboxは現行のXBoxの15〜20倍の性能になると言われていますが、「Revolution」もそれに近い性能を持つだろうということです。

気になる発売時期ですが、2006年9月頃になると幾らかのパブリッシャーやデベロッパーには伝えられているそうです。そうすると、ゲームキューブの寿命はちょうど5年ほどとなり、次世代機への移行タイミングは予測のされている中で一番遅い方になりそうです。

無論これらの情報は噂より一歩上程度の段階なので、全く見当ハズレという可能性もないことは無いのでご注意を。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ゲームの上手さで内定」日本初“ゲーム技能”を選考に加えた社員採用活動「いちゲー採用」が実施

    「ゲームの上手さで内定」日本初“ゲーム技能”を選考に加えた社員採用活動「いちゲー採用」が実施

  2. 【TGS2016】角川ゲームス、『スターリーガールズ』を台湾・香港・マカオでもリリースすることを発表!

    【TGS2016】角川ゲームス、『スターリーガールズ』を台湾・香港・マカオでもリリースすることを発表!

  3. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

    劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  4. 映画会社の日活がインディーゲーム開発に参入! 第1弾は『刺青の国』

  5. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  6. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  7. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  8. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

  9. 【台北ゲームショウ2016】台湾ナンバーワンのMadheadが贈る新作『時空之門』は日本でも配信予定

  10. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

アクセスランキングをもっと見る