人生にゲームをプラスするメディア

EAが2004年第3四半期の業績を発表

ゲームビジネス その他

エレクトロニック・アーツは2004年の第3四半期の決算を発表しました。売上高は7億1600万ドルで前年同期より35%増、純利益は9800万ドルで昨年の同期と比較して28%増加しました。

今期のタイトルで100万本を突破したのは『マッデンNFL2005』・『NCAAフットボール2005』・『バーンアウト3 テイクダウン』・『タイガーウッズPGAツアー2005』の4タイトルで、『マッデン』は400万本を越えたそうです。

EAはスポーツゲーム市場で68%のシェアを持っていて、これは昨年より8%増加しました。内フットボールゲームでは77%です。しかしながら、今後はセガやテイク2の強力タイトルが予測されるため、今後もこのジャンルを強化するとしています。

今日会見した最高財務責任者のWarren Jenson氏はクライテリオンからのレンダーウェアの買収が完了したことを明らかにしました。「EAの次世代機向けツールやライブラリの開発を劇的に加速させる」と氏は言いました。次世代機向けの開発に向けて「大きな大きな前進」となります。

またEAは今後も同様の獲得があるかもしれないと話しました。Warren Jenson氏は今期の開発コストがどの程度になるかとの質問に対して、「ワイルドカードは買収費用で、もしそれが開発力に重要な影響があると判断された場合、その数字は大きく変わることもある」と述べました。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

    【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  4. 【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー

  5. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  6. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  7. 【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

  8. 【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

  9. 「サムスの性別は決まっていなかった」「2Dメトロイドは機会があれば」任天堂坂本氏が『メトロイド』を語る

  10. 60種類の新レシピで楽しい料理を・・・3DS『クッキングママ 4』発売

アクセスランキングをもっと見る