人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドーDSはリージョンフリーに

任天堂 DS

海外の任天堂掲示板のNintendoHQのユーザーが任天堂オブアメリカから受け取った回答によれば、ニンテンドーDSはこれまでのGBシリーズと同様にリージョンフリーとなるようです。ただし、周辺機器などは使えない可能性があるかもしれないとのことです。

どの地域で発売されたハード、ソフトといったことに関係なく遊べるということになります。

ニンテンドーDSは11月21日に米国で先行発売されますから、輸入して一足先に手に入れてやろうという気合の入った方や、日本では発売されそうもないあんなゲームを遊びたい、という方には朗報かもしれません。

Hello and thank you for contacting Nintendo,

It may interest you to know that the Nintendo DS will be a universal system that can be played anywhere on the planet.Further, it can play games purchased anywhere.Please note, however, that accessories purchased in different parts of the world may not be compatible with the Nintendo DS you purchase.

I hope you find this information useful!
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  2. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  3. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

    LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  4. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  5. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  6. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  7. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  10. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

アクセスランキングをもっと見る