人生にゲームをプラスするメディア

『バルーントリップ』インプレッション

任天堂 DS

IGNに掲載されている『バルーントリップ』のインプレッションです。海外では『ヨッシーのタッチ&ゴー』と言うタイトルに変更されたようです。という訳で本文中のタイトルは読み替えてください。




E3で紹介されたテクニカルデモの1つにヨッシーとベイビーマリオが登場する『バルーントリップ』というゲームがありました。今回そのゲームが『ヨッシーのタッチ&ゴー』と名前を変え、幾つかの変更点を持って登場しました。

『ヨッシーのタッチ&ゴー』は上のスクリーンを落ちていくベイビーマリオが様々な妨害から安全なように、雲を描いていくというチャレンジです。ゲームでは2つの画面を1つの縦長のスクリーンとして利用します。プレイヤーはどこに雲を描けばマリオが安全かどうか常に頭を働かせておく必要があります。プレイヤーはまた敵の周りを円で囲むことで倒してスコアを稼ぐことが出来ます。線を引いてコインをキャッチすることも大切な戦略です。

探さなければ気付かないだろう変更がゲームにはあります。デモは2つ目のチャレンジを含んでいます。ヨッシーがベイビーマリオを捕まえると、ゲームは横スクロールのアクションゲームに変身します。プレイヤーはヨッシーを叩くことによってジャンプさせたり、他の部分を叩いてその方向にタマゴを吐かせたりすることによってヨッシーを間接的にコントロールします。ステージにはアイテムやコインもあります。それらは上のスクリーンにもあり、タマゴを上に向けて投げなければならず、それは大変難しいです。

『ヨッシーのタッチ&ゴー』は少なくともGamer's Summitで紹介されたバージョンでは大きなゲームの中に登場するミニゲームのようです。しかしそれはとても楽しめるDSのデモンストレーションでもあります。2005年の発売を注目したいと思います。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は任天堂最後のWii Uタイトル―レジー社長

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は任天堂最後のWii Uタイトル―レジー社長

  2. 【レポート】2D女子高生ホラーゲーム『クリーピング・テラー』で日活が目指したもの

    【レポート】2D女子高生ホラーゲーム『クリーピング・テラー』で日活が目指したもの

  3. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  4. ニンテンドースイッチ予約は次々終了―行列待ち実店舗も―これから予約するには?

  5. 『スプラトゥーン2』では「イカアイコン」も進化!戦況の詳細がよりわかりやすく

  6. ニンテンドースイッチ予約開始…一部通販サイトは今なお繋がりにくい状態続く(追記)

  7. ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

  8. 松野泰己氏すら覚えていなかったSFC版『タクティクスオウガ』裏コマンドが19年越しで発見される

  9. 「NHK映像ファイル」で任天堂の元社長“山内溥”回が放送、1月28日5時40分より

  10. 【3DS DL販売ランキング】『マリオブラザーズ3』連続首位、追い上げる『タンクトゥルーパーズ』が5位浮上(1/19)

アクセスランキングをもっと見る