人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が米国で新しい販売促進プログラムを開始

ゲームビジネス その他

ロイヤリティ・プログラムの大手プロバイダーのクオンタム・ロイヤルティー・システムズとEcountはホリデーシーズンに任天堂オブアメリカと提携して全米でセールスプロモーションを展開すると発表しました。

「Game Crazy」と名づけられたこのセールスプロモーションでは、Ecountの発行するVisaブランドのプリペイドカードを全米700店舗の3800人の任天堂製品を担当する販売員に渡して売上報酬を振り込むというものです。10月から開始され、一定の販売数が達成されるとロイヤリティが受け取れ、Visaデビッドカードが利用できる全ての店舗で使用できます。このカードは『マリオゴルフGBAツアー』のイラストが入るそうです。

クオンタムのRon Randolph-Wall氏は「私達は任天堂がこれまでのビジネスを維持した上で更に積み重ねができるプログラムを作製しました。今年のホリデーシーズンが任天堂にとって最高のものになると確信しています」とコメントしています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  2. ブシロードとグリーがスマホゲーム開発で業務提携、『戦姫絶唱シンフォギア』をポケラボが開発

    ブシロードとグリーがスマホゲーム開発で業務提携、『戦姫絶唱シンフォギア』をポケラボが開発

  3. 【TGS2016】バンナム、『Project LayereD』発表…ユーザー参加型で、アニメとゲームが連動する

    【TGS2016】バンナム、『Project LayereD』発表…ユーザー参加型で、アニメとゲームが連動する

  4. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

  5. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  6. 【レポート】「CEDEC+KYUSHU2016」日野晃博氏による開幕講演…九州のゲーム開発者よ、オリジナルIPを開発しよう!

  7. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  8. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  9. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  10. 【レポート】Cygames、エンジニア採用セミナーで最前線の開発環境や取り組み語る

アクセスランキングをもっと見る