人生にゲームをプラスするメディア

「トイザラスカーニバルinとしまえん」会場レポート

ゲームビジネス その他

としまえんで開かれた「トイザラスカーニバルinとしまえん」。その屋内ブースには、任天堂ブースやスクウェアエニックスブースなどたくさんのブースがあり、たくさんの親子連れでにぎわっていました。会場のレポートです。


としまえんの入り口。「トイザラスカーニバル」の文字がはっきりと。奥にはソニックの姿が。

任天堂ブースが、恐らく一番ブースは大きかったように思えます。『マリオテニス』、『マリパ6』、『ドンキーコングジャングルビート』、『ヨッシーの万有引力』、『まわるメイドインワリオ』など期待のタイトルが目白押しで、かなり混みあっていました。

GBA『ヨッシーの 万有引力』のインプレッションはこちら
GC『ドンキーコング ジャングルビート』のインプレッションはこちら


任天堂ブースではドンキーやディディーのお面というかかぶりものが配られていました。ドンキーにとても力を入れている感じを受けました。
《OKOK》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

    VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

  2. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  3. プレステ世代のクリエイターと共にソニーIPをモバイルへ―ForwardWorks 川口智基氏に訊く

    プレステ世代のクリエイターと共にソニーIPをモバイルへ―ForwardWorks 川口智基氏に訊く

  4. 新型PS4とVRを軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート

  5. これがリアル「遊戯王」か!「HoloLens」で“リアルにモンスターを召喚”するデモ動画公開

  6. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  7. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  8. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  9. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  10. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top