人生にゲームをプラスするメディア

ピクサーとTHQが2006年から4作品のライセンスに合意

ゲームビジネス その他

アニメ製作スタジオのピクサーとTHQは2006年からピクサーの製作する4つのアニメのゲーム化の権利をTHQが獲得することで合意しました。2006年に公開されるディズニーの手から離れた作品から、4作品に渡ってTHQからゲームが発売されることになります。

ピクサーとTHQは2002年4月にもライセンス契約を締結していて、第1のタイトルとして『ファインディング・ニモ』を発売済みで、全世界で600万本を越えるヒットを記録しました。

ピクサーCEOのスティーブ・ジョブス氏は「私達はTHQと別の長期契約を締結できたことを嬉しく思います。THQはトップレベルのゲームメーカーの一つで、私達は共に進める創造的な共同作業が、世界の人々に愛すべきキャラクター達を伝えることを促進するでしょう」と述べています。

この契約による第1弾タイトルは当分先になりそうですね。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

    【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  5. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  6. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  9. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  10. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

アクセスランキングをもっと見る