人生にゲームをプラスするメディア

アクティビジョン、DSとPSPで同発タイトルを少なくとも一本は用意

任天堂 DS

アクティビジョン社長のRon Doornink氏は本日開催された2005年度第1四半期の会計報告で行われたアナリスト向け会見の中で、年末に予定されているニンテンドー・ディーエスと来春に予定されるPSPの発売に於いて、それぞれ少なくとも1本は同発タイトルを用意することを確認しました。

Ron Doornink氏は発売するタイトルについて、新規のものではなく『トニーホーク』のような確立されたタイトルからチョイスすることになるだろうと述べました。また、「(そのハードで)トップ5に入るポーテンシャル」があるゲームになるとの見解を示しました。

ただし、同社CEOのBobby Kotick氏は次の会計年度中の両ハードからの収入は「そんなに大きな規模にはならないと考えている」と述べました。ただ、同氏は初期の段階ではハード台数も大きくないが、長期的には大きく利益に貢献するだろうと期待も示しています。

Bobby Kotick氏は長期的に見て2つのハードが新しい携帯ゲーム機の展望を開くだろうと言いました。「ゲームボーイはお金になりますが、より高い年齢層を掴めていません。私達はこれらのプロダクションバリュー、特長、デザインを持つ新しいハードが携帯ゲーム機の史上を大きく拡大するだろうと信じています」。

また、家庭用ゲーム機の次世代機に関して、Ron Doornink氏は特定のプロジェクトについて明らかにすることはできないが、「開発努力」を継続していると述べました。更にアクティビジョンは3社の次世代機のスタートに於いて重要な存在感を持つように計画しているとしました。

アクティビジョンは現在ニンテンドー・ディーエス向けに『スパイダーマン2』を開発していることを発表済みです。同発タイトルはこれになるのでしょうか。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  2. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  3. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

    LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  4. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  5. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  6. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  7. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  8. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  9. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  10. 【3DS DL販売ランキング】『DQMJ3 プロフェッショナル』ついに首位へ、『ドラゴンシンカー』初登場ランクイン(2/23)

アクセスランキングをもっと見る