人生にゲームをプラスするメディア

『トニーホーク』のネバーソフトが新作FPSを開発中

任天堂 GC

人気作品『トニーホークプロスケーター』を開発するネバーソフトが初めてこのシリーズ以外の作品を開発中であることをアクティビジョンが明らかにしました。アクティビジョンはこの作品の詳細について伝えていませんが、2007年に発売されるだろうとしました。

また、別の情報ソースによれば、開発中のタイトルはFPSでゲームキューブなどの3機種でそれぞれ発売されるだろう、とのこと。

「私達はネバーソフトの新しい(スポーツタイトルでない)ゲームに非常に興奮し、私達は今後もスタジオの開発リソースを拡張し続けるでしょう。ネバーソフトはゲーム業界で最も成功した開発スタジオの1つで、トニーホークシリーズはこれまで8億ドル以上の売上を達成しました。1999年以来ネバーソフトはアクションスポーツとアクションアドベンチャーの6つのゲームを開発し、それぞれが賞賛され数百万本の売上を上げています」とアクティビジョンCEOのRon Doornink氏は述べています。

現在ネバーソフトが開発しているもう1つは、昨年公表を得たタイトルの続編『Tony Hawk's Underground 2: World Destruction Tour』で、そのスクリーンショットも今回初めて公開されています(こちら)。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  2. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  3. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

    ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  4. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  5. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  6. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  7. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  10. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

アクセスランキングをもっと見る