人生にゲームをプラスするメディア

『トニーホーク』のネバーソフトが新作FPSを開発中

任天堂 GC

人気作品『トニーホークプロスケーター』を開発するネバーソフトが初めてこのシリーズ以外の作品を開発中であることをアクティビジョンが明らかにしました。アクティビジョンはこの作品の詳細について伝えていませんが、2007年に発売されるだろうとしました。

また、別の情報ソースによれば、開発中のタイトルはFPSでゲームキューブなどの3機種でそれぞれ発売されるだろう、とのこと。

「私達はネバーソフトの新しい(スポーツタイトルでない)ゲームに非常に興奮し、私達は今後もスタジオの開発リソースを拡張し続けるでしょう。ネバーソフトはゲーム業界で最も成功した開発スタジオの1つで、トニーホークシリーズはこれまで8億ドル以上の売上を達成しました。1999年以来ネバーソフトはアクションスポーツとアクションアドベンチャーの6つのゲームを開発し、それぞれが賞賛され数百万本の売上を上げています」とアクティビジョンCEOのRon Doornink氏は述べています。

現在ネバーソフトが開発しているもう1つは、昨年公表を得たタイトルの続編『Tony Hawk's Underground 2: World Destruction Tour』で、そのスクリーンショットも今回初めて公開されています(こちら)。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

    ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

  2. 『スプラトゥーン2』試射会でも使える初心者向けテクニック10選 ─ 他のイカたちに差をつけろ!

    『スプラトゥーン2』試射会でも使える初心者向けテクニック10選 ─ 他のイカたちに差をつけろ!

  3. 『ゼルダの伝説 BotW』制作秘話映像の番外編―“祠”に名前が付けられた理由

    『ゼルダの伝説 BotW』制作秘話映像の番外編―“祠”に名前が付けられた理由

  4. 【Wii U DL販売ランキング】『ゼルダ』『マインクラフト』『スプラトゥーン』人気変わらず、『カービィWii』も浮上(3/27)

  5. 【プレイレポ】『スプラトゥーン2 先行試射会』の6時間はあっという間だった…!イカした正統進化でより奥深く

  6. E3 2017では「スイッチ」「3DS」の新作展示へ―米任天堂レジー社長

  7. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  8. 「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

  9. 『モンハン ダブルクロス』小嶋P&市原Dによるセミナー開催!開発過程や「モンスター」の誕生秘話を語る

  10. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

アクセスランキングをもっと見る