人生にゲームをプラスするメディア

6月の米国ゲームソフト売上―『4つの剣』は15万本オーバー

任天堂 GC

2004年6月のNPD Funworld集計による米国ゲームソフト売上が発表されました。アクティビジョンの『スパイダーマン2』やアタリの『DRIV3R』などが好調で5月と比較して55%増、昨年同月と比較しても12%増の3億3900万ドルとなりました。

ゲームキューブのトップ5は『ゼルダの伝説 4つの剣(155,067本)』、『ハリーポッターとアズカバンの囚人(83,821本)』、『シュレック2(71,924本)』、『スパイダーマン2(61,415本)』、『ポケモンコロシアム(46,997本)』でした。

GBAでは『マリオVSドンキーコング(102,511本)』、『シュレック2(89,683本)』、『ハリーポッターとアズカバンの囚人(74,397本)』、『ソニックアドバンス3(72,278本)』、『NESクラシック スーパーマリオ(110,627本)』でした。

以下は6月のメーカー別シェアです。

1 エレクトロニックアーツ 16.2%
2 任天堂 12.7%
3 アクティビジョン 11.3%
4 THQ 7.1%
5 アタリ 6.8%
6 ビベンディユニバーサル 4.7%
7 テイク2インタラクティブ 4.5%
8 ソニー 3.9%
9 ユービーアイソフト 3.5%
10 コナミオブアメリカ 3.2%
11 ミッドウェイ 3.2%
12 カプコンUSA 3.0%
13 マイクロソフト 2.4%
14 ナムコ 2.4%
15 セガオブアメリカ 1.9%
16 Majesco 1.7%
17 アクレイムエンターテインメント 1.7%
18 アイドスインタラクティブ 1.5%
19 スクウェアエニックスUSA 1.2%
20 ルーカスアーツ 0.8%
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  2. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  3. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

    ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  4. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  5. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  6. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  7. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  8. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

アクセスランキングをもっと見る