人生にゲームをプラスするメディア

米国任天堂が「ニンテンドー・ストリート・チーム」を発表

ゲームビジネス その他

任天堂オブアメリカは夏休みに各地のイベントに参加してゲームキューブやゲームボーイアドバンスをプレイしたり芸をしたりする宣伝チーム「ニンテンドー・ストリート・チーム」に選ばれた48人を発表しました。

シカゴ、アトランタ、ダラス、ニューヨーク、ロサンゼルス、シアトルの6つの街で活躍するチームが結成され、参加者は3日間の日給100ドルの他に、最も優秀なチームには40000ドルが送られます。参加者達は現在、任天堂のキャンプでゲームの特訓を行っているそうです。

ロサンゼルスではTroy McClainがビーチを「役員室」にしてチームをリードします。「ニンテンドー・ストリート・チームは最高の夏休みの仕事です。役員室はなく、CEOは居なくて、解雇されることもない。任天堂ゲームを遊んでお金がもらえ、運がよければ40000ドルも! これより良い仕事が何処にあるでしょうか!」と話しています。

チームはカラオケを披露したり、子供チャリティーのイベントに参加したりして、最も上手くやったチームにはポイントが与えられます。また公式サイトにこの様子やチームメンバーの日記などが公開され、登録者は評価してポイントを与えることができます。サイトから参加した人の中から抽選で名誉ニンテンドー・ストリート・チームになる権利を得られるチャンスもあるそうです。

ニンテンドー・ストリート・チームの参加者のプロフィールなど詳細はhttp://www.nintendostreetteam.comで確認できます。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】注目のイベント「サムザップテックナイト」に潜入!ーサムザップ取締役木村氏インタビュー

    【インタビュー】注目のイベント「サムザップテックナイト」に潜入!ーサムザップ取締役木村氏インタビュー

  2. 【CEDEC 2016】アナログゲーム国内躍進のワケ―デジタルゲームと相互に影響しあう関係とは

    【CEDEC 2016】アナログゲーム国内躍進のワケ―デジタルゲームと相互に影響しあう関係とは

  3. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

    【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  4. 角川ゲームス「TGS2016」初出展―声優ファン必見のスペシャルイベントも

  5. 【TGS2016】角川ゲームス、『スターリーガールズ』を台湾・香港・マカオでもリリースすることを発表!

  6. ゲオとエイシス、PCゲームレンタル事業を2017年春より開始

  7. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

  8. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  9. 2016年英国ゲームセールスの58%は「デジタル販売」、初のディスク凌駕に

  10. 2016年アプリ収益ランキング発表―国内からバンナム/スクエニ等ランクイン

アクセスランキングをもっと見る