人生にゲームをプラスするメディア

アクレイム、破産間近?―テュロック・MLBのライセンスも失う

ゲームビジネス その他

米パブリッシャー・アクレイムは今回発表した2004年度会計報告の中で現在要請している融資が行われなければ会社を閉鎖することを考慮していると明らかにしました。売上も利益も2003年度に比較して著しく低下していて維持するのは不可能と見られています。

報告された2004年3月31日までの会計年度で、売上高は6740万ドル(前年度: 2億1010万ドル)、粗利益は6410万ドル(同7810万ドル)、純損失は5640万ドル(同8480万ドル)となりました。また、これらの大部分は年明けからの第4四半期に発生したものだそうです。

アクレイムは現在GM関連の金融会社GMAC Commercial Financeから融資を受けていますが、これが打ち切られるため、新たな融資先を探していますが、難航しているようです。

これに追い討ちをかけるように、アクレイムの看板シリーズである『テュロック』と『オールスターベースボール』のライセンスも失効したそうです。どちらもロイヤリティの未払いによるもので、Classic Media、MLBから通告があったようです。『テュロック』は今後は他社から発売される可能性もありそうです。アクレイムは以前『バーンアウト』のライセンスも失効しています(最新作はEAから)。

2005年には『Worms Forts Under Siege』・『100 Bullets』・『Juiced』・『Red Star』などのタイトルが予定されていて、もし融資を獲得することが出来れば、これらのタイトルに命運を託すことになります。
《土本学》

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  6. 【CEDEC 2014】『艦これ』「Unreal Engine 4」「Softimage」「PS4シェア」など今年のCEDECアワードが発表

  7. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  8. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  9. 【レポート】「Oculus Rift」製品版の開封&セットアップ解説をお届け

  10. 【レポート】ゲームクリエイターが“憧れの職業ではない”ことに危機感…CC2松山洋の全国ツアー開始、「プロになれない理由」とは

アクセスランキングをもっと見る