人生にゲームをプラスするメディア

ソニックチーム・中氏がニンテンドー・ディーエスについてコメント

任天堂 DS

Kikizo Gamesにソニックチームの中社長へのインタビューが掲載されています。ニンテンドー・ディーエスやPSPに関する話が中心です。セガはDSには『ソニック』と『Project Rub』というゲームを開発中のようです。

――ニンテンドー・ディーエスやPSPの特色をどう利用しようと考えますか

私達は『ソニック』をDSに、『ぷよぷよ』をPSPに発売する予定です。もちろん両ハードは長所や強い部分がありますから、それらを活かすのはとても大事だと思います。

――同じゲームを様々なプラットフォームで発売するのを止めようと思いますか、言い換えれば『ソニック』はそれぞれのハードの特色を活かしたものになるでしょうか?もしそうなら、どんな風に2画面を活かすつもりでしょうか

もちろん、各タイトルはそれぞれのハードに合った物にするつもりです。Eye Toyも同様です(『セガスーパースターズ』はソニックチームが開発)。私達はEye Toy、ニンテンドー・ディーエス、PSPの持つ新しい可能性について考えています。一方でしかし、様々なハードで発売するゲームも幾つかあるだろうと考えています。

私がニンテンドー・ディーエスのタッチパネルを体験する機会を与えられたとき、新しい印象を与えられました。他の開発者もプレゼンを受けたとき、同じように、新作に使えるDSの新しい可能性について考えさせられたのではないかと思います。この新しいデバイスはソニックに使える沢山の新しい可能性を秘めています。タッチパネルは様々な使い方があります、滑らす、触れる、叩くなどなど、ソニックに合いそうなのも沢山あります。

――ゲーム開発者としてニンテンドー・ディーエスとPSPのどちらの携帯ゲーム機に刺激されますか

ええ、もちろん両方です。ニンテンドー・ディーエスはタッチパネルがあり、両方のハードはワイヤレス通信を利用できます。これで、もっと多く友達と一緒に遊ぶ機会を得られるようになるのではないかと思います。

――「ソニックアドベンチャー」シリーズは完結しました。新しいシリーズの「ソニックヒーローズ」は継続しますか?それはどんな方向で

ええ、ソニックは間違いなくセガにとってメジャーなシリーズでキャラクターです。ですから、これからも創り続け、新しいゲームプレイの可能性を開くでしょう。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 濱口エグゼクティブがポケモンをとったどー!「ゲームセンターDX」今回は『ポケモン サン・ムーン』に挑戦

    濱口エグゼクティブがポケモンをとったどー!「ゲームセンターDX」今回は『ポケモン サン・ムーン』に挑戦

  2. 「Wii」発売10周年!名作『FOREVER BLUE』に思いを馳せる

    「Wii」発売10周年!名作『FOREVER BLUE』に思いを馳せる

  3. クリスマス限定のニンテンドープリペイドカードがローソンで発売中、12月25日まで

    クリスマス限定のニンテンドープリペイドカードがローソンで発売中、12月25日まで

  4. 【TGA 16】『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』新プレイ映像!未見エリアを探索

  5. 【TGA 16】豊かな世界と戦闘シーンを描く『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』独占映像!

  6. 3DS『アライアンス・アライブ』発売日が2017年3月30日に決定!店舗別予約特典情報も

  7. 『ミートピア』主人公も仲間も大魔王も“Mii”で配役! 「みんなのMii」機能で手軽に楽しむことも…最新映像で魅力に迫る

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 『ポケモン サン・ムーン』作中デザインのTシャツが登場!「スカル団」ピンバッジなども

  10. 『とびだせ どうぶつの森』アプデで『スプラトゥーン』『ゼルダ』『モンハン ストーリーズ』のamiiboコラボが実施!

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top