人生にゲームをプラスするメディア

ソニックチーム・中氏がニンテンドー・ディーエスについてコメント

任天堂 DS

Kikizo Gamesにソニックチームの中社長へのインタビューが掲載されています。ニンテンドー・ディーエスやPSPに関する話が中心です。セガはDSには『ソニック』と『Project Rub』というゲームを開発中のようです。

――ニンテンドー・ディーエスやPSPの特色をどう利用しようと考えますか

私達は『ソニック』をDSに、『ぷよぷよ』をPSPに発売する予定です。もちろん両ハードは長所や強い部分がありますから、それらを活かすのはとても大事だと思います。

――同じゲームを様々なプラットフォームで発売するのを止めようと思いますか、言い換えれば『ソニック』はそれぞれのハードの特色を活かしたものになるでしょうか?もしそうなら、どんな風に2画面を活かすつもりでしょうか

もちろん、各タイトルはそれぞれのハードに合った物にするつもりです。Eye Toyも同様です(『セガスーパースターズ』はソニックチームが開発)。私達はEye Toy、ニンテンドー・ディーエス、PSPの持つ新しい可能性について考えています。一方でしかし、様々なハードで発売するゲームも幾つかあるだろうと考えています。

私がニンテンドー・ディーエスのタッチパネルを体験する機会を与えられたとき、新しい印象を与えられました。他の開発者もプレゼンを受けたとき、同じように、新作に使えるDSの新しい可能性について考えさせられたのではないかと思います。この新しいデバイスはソニックに使える沢山の新しい可能性を秘めています。タッチパネルは様々な使い方があります、滑らす、触れる、叩くなどなど、ソニックに合いそうなのも沢山あります。

――ゲーム開発者としてニンテンドー・ディーエスとPSPのどちらの携帯ゲーム機に刺激されますか

ええ、もちろん両方です。ニンテンドー・ディーエスはタッチパネルがあり、両方のハードはワイヤレス通信を利用できます。これで、もっと多く友達と一緒に遊ぶ機会を得られるようになるのではないかと思います。

――「ソニックアドベンチャー」シリーズは完結しました。新しいシリーズの「ソニックヒーローズ」は継続しますか?それはどんな方向で

ええ、ソニックは間違いなくセガにとってメジャーなシリーズでキャラクターです。ですから、これからも創り続け、新しいゲームプレイの可能性を開くでしょう。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

    ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

  2. Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

    Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

  3. 『スプラトゥーン2』では「イカアイコン」も進化!戦況の詳細がよりわかりやすく

    『スプラトゥーン2』では「イカアイコン」も進化!戦況の詳細がよりわかりやすく

  4. 「NHK映像ファイル」で任天堂の元社長“山内溥”回が放送、1月28日5時40分より

  5. スイッチ向け『信長の野望・創造 with PK』&『三國志13 with PV』PVが公開

  6. ニンテンドースイッチの価格・発売日からタイトル発表まで! 『スプラトゥーン2』『ゼルダの伝説 BoW』も飛び出したプレゼンを振り返る

  7. 【3DS DL販売ランキング】『マリオブラザーズ3』連続首位、追い上げる『タンクトゥルーパーズ』が5位浮上(1/19)

  8. 3DS『ファイアーエムブレムエコーズ』限定版にはDLCサントラを同梱、ムービー集を収録した「VALENTIA COMPLETE」も

  9. 3DS『ファイアーエムブレムエコーズ』マイニンテンドーストア限定版が1月27日に予約開始

  10. 「ニンテンドースイッチ」2017年発売予定のタイトルラインナップ映像が公開!

アクセスランキングをもっと見る