人生にゲームをプラスするメディア

ビベンディユニバーサルゲームズが日本参入決定

ゲームビジネス その他

フランスのメディア複合企業、ビベンディユニバーサルのゲーム部門であるビベンディユニバーサルゲームズが日本市場に参入することが25日発表されました。当初はGBAとPS2にハードを絞り、今年中に5タイトルを発売する予定だそうです。

発表会では日本支社代表・ニコラ ディ コスタンゾ氏が「VUGは日本ゲーム市場にターゲットを絞った5つのタイトルを厳選し200年内にリリースする予定です。今回の日本参入には過去のライセンス事業を通じて得られたノウハウを生かしますので、ご支援のほどよろしくお願いします」と挨拶しました。

VUゲームスでは映画「ヴァン・ヘルシング」を題材にしたゲームや『クラッシュバンディクー』、『スパイロ』などを発売していくそうです。以下は今回発表されたタイトルです。

・PS2 ヴァン・ヘルシング 9月16日発売
・GBA クラッシュ・バンディクー アドバンス わくわく友ダチ大作戦 11月発売
・GBA スパイロ アドバンス わくわく友ダチ大作戦 11月発売
・PS2 レッド・ニンジャ(仮) 12月発売
・PS2 クラッシュ・バンディクー5 え〜っ クラッシュ&コルテックスの野望 12月発売

Gparaに掲載されているニコラディ コ スタンゾ氏へのインタビューよればゲームキューブでの発売も検討されたが今回はGBAとPS2のみになったようです。DSやPSPなどに関しては「興味はあるがも言えない」とのこと。任天堂は好き、とのことで期待したいですね。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  4. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  5. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  6. ゲオとエイシス、PCゲームレンタル事業を2017年春より開始

  7. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. コンソール業界出身エンジニアが語るハイブリッドアプリ開発の舞台裏!DeNAのゲームエンジン開発

  10. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

アクセスランキングをもっと見る