人生にゲームをプラスするメディア

ビベンディユニバーサルゲームズが日本参入決定

ゲームビジネス その他

フランスのメディア複合企業、ビベンディユニバーサルのゲーム部門であるビベンディユニバーサルゲームズが日本市場に参入することが25日発表されました。当初はGBAとPS2にハードを絞り、今年中に5タイトルを発売する予定だそうです。

発表会では日本支社代表・ニコラ ディ コスタンゾ氏が「VUGは日本ゲーム市場にターゲットを絞った5つのタイトルを厳選し200年内にリリースする予定です。今回の日本参入には過去のライセンス事業を通じて得られたノウハウを生かしますので、ご支援のほどよろしくお願いします」と挨拶しました。

VUゲームスでは映画「ヴァン・ヘルシング」を題材にしたゲームや『クラッシュバンディクー』、『スパイロ』などを発売していくそうです。以下は今回発表されたタイトルです。

・PS2 ヴァン・ヘルシング 9月16日発売
・GBA クラッシュ・バンディクー アドバンス わくわく友ダチ大作戦 11月発売
・GBA スパイロ アドバンス わくわく友ダチ大作戦 11月発売
・PS2 レッド・ニンジャ(仮) 12月発売
・PS2 クラッシュ・バンディクー5 え〜っ クラッシュ&コルテックスの野望 12月発売

Gparaに掲載されているニコラディ コ スタンゾ氏へのインタビューよればゲームキューブでの発売も検討されたが今回はGBAとPS2のみになったようです。DSやPSPなどに関しては「興味はあるがも言えない」とのこと。任天堂は好き、とのことで期待したいですね。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

    金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  2. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  3. 【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激

    【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激

  4. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  5. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

  6. 【CEDEC 2011】日本はUnityにとって世界でも最も重要な市場へ~勢いを増す新興ゲームエンジン

  7. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  8. 【プレイレビュー】『ファークライ 3』日本語版Co-opマルチプレイモードプレビュー&プレイ動画

  9. PSVR『クーロンズゲートVR』始動! あの「九龍城」が蘇る

  10. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

アクセスランキングをもっと見る