人生にゲームをプラスするメディア

クライテリオンが業界初のAI開発ミドルウェアを発売

ゲームビジネス その他

クライテリオン・ソフトウエアが業界初のA.I.開発用ミドルウェア「RenderWare A.I.」を2004年6月18日から発売すると発表しました。対応機種はゲームキューブ、PS2、XBox、Windows PCで価格は月額48万円です。

「RenderWare A.I.」はゲーム上のノンプレイアブルキャラの動きを表情豊かに動かしリアル感を与える為に必要な各種処理をサポートします。この製品は3Dトポロジーの分析、3D経路探索、チームコミュニケーション、思考ロジック、ビヘイビアなどを実現する機能やその他の開発を容易にするツールから構成されます。

ゲーム開発費用の高騰が問題となっていますが、このようなミドルウェアを使用すれば大幅なコスト削減になりそうです。ゲーム構築でなく、創造的な分野に労力を投入できる仕組みが出来るといいですね。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】注目のイベント「サムザップテックナイト」に潜入!ーサムザップ取締役木村氏インタビュー

    【インタビュー】注目のイベント「サムザップテックナイト」に潜入!ーサムザップ取締役木村氏インタビュー

  2. ゲームをいかに他の産業と結びつけるか・・・CEDEC吉岡委員長に聞いた

    ゲームをいかに他の産業と結びつけるか・・・CEDEC吉岡委員長に聞いた

  3. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  4. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  5. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  6. 【CEDEC 2010】スクエニ→DeNA、日本→世界・・・「イグアナ海を渡る」

  7. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  8. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  9. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  10. 【レポート】ゲームクリエイターが“憧れの職業ではない”ことに危機感…CC2松山洋の全国ツアー開始、「プロになれない理由」とは

アクセスランキングをもっと見る