人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、研究開発費は前年比27%増、GBAも中国上陸

ゲームビジネス その他

任天堂は27日に開催した決算説明会で2004年度の研究開発費が前年比で27パーセント増の200億円に達する事を明らかにしました。これの一部は次世代機「Revolution」の開発費用にも充てられるそうです。

同じ席で森専務はGBAの生産を受注生産に切り替えることを表明しました。今後はSPが中心になるそうで、2004年度の販売予測でも1500万台全てがGBASPの見込みとなっています。

神遊機に続いてGBAも中国での展開を開始する事も明らかになりました。今年後半になる予定で、ラインナップなどは明らかにされていません。

ニンテンドー・ディーエスに関しては既に生産の準備に入っているようです。今年度の販売予測は350万台ですが、来年度以降「ユーザーの反応次第で1000万〜1500万台に達する可能性もある」としています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート  サイバー感溢れる映像が360度で展開

    「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  2. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

    『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  3. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

    【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  4. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  5. 【レポート】VRの“もどかしさ”や“行動制限による違和感”を逆手に取ったPSVR『星の欠片の物語、ひとかけら版』のデザインとは

  6. ゲームをいかに他の産業と結びつけるか・・・CEDEC吉岡委員長に聞いた

  7. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  8. 【インタビュー】注目のイベント「サムザップテックナイト」に潜入!ーサムザップ取締役木村氏インタビュー

  9. カプコン、「モバイル事業統括」を新設…社内のモバイル事業と「ビーライン」を統合へ

  10. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る