人生にゲームをプラスするメディア

岩田聡社長インタビュー/DS・次世代機・宮本氏の役割など

任天堂 GC

Kikizo Gamesに任天堂社長の岩田聡氏へのインタビューが掲載されています。E3の会場で収録されたようです。通訳が入ってるので日本語では聞き取り辛いのですが、映像も公開されています。

1つ前の記事でお伝えした宮本氏の担当変更については「開発での責任の担当に変更があった。宮本氏だけでなく私自身も。今宮本氏に望むのはファーストパーティタイトルの開発に集中することです。特定のDSやGBAのゲームだけでなく社内の全てのゲームに関与して欲しい。外部のコラボレーションタイトルに関しては新しい部課を作り、それは私が直接指揮するようにしました」とのこと。



この他インタビューの概要

・DS向けに開発しているゲームは内作、サード共に沢山ある。でもE3に出展するのは能力や可能性を見せるゲームに絞った
・同発タイトルはまだ決定してない
・DSが欧州で年内発売できない事は素直に謝りたい
・遅れはGCの時よりは短くなると思う(日本9/14 米11/18 欧翌5/3)
・でも必ずしも欧州が何でも最後という訳ではなくて『メトロイドプライム2』は年内に発売される(日本は来年らしい...)。
・欧州のメーカーとは弱かった、今後は関係強化する努力をしていく(アドバンスウォーズやマリオピンボールは英国の会社)
・PSPはDSとは競合しない
・(次世代機について)「今はDS同様の革新をもたらしたい」としか言えない
・他社に遅れない事が唯一のポイントではない。特に他社が性能だけに拘るならば、革命的な変化を用意しなければ駄目
・山内氏は重要な事がある場合のみ取締役会では発言するが普段の業務に関しては何も言わない
・代表取締役でつくる経営会議に参加したことは一度もない
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  2. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  3. ファミコン700作以上の海外スピードラン、3年がかりで遂に完走

    ファミコン700作以上の海外スピードラン、3年がかりで遂に完走

  4. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  5. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  6. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  7. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  8. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  9. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  10. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

アクセスランキングをもっと見る