人生にゲームをプラスするメディア

戦国ストラテジ+ピンボール『OHDAMA』インプレッション

任天堂 GC

GameCube Advancedに掲載されている『Ohdama』というゲームのインプレッションです。hが入るのが正しそうですが、原文はOdamaとなっているのでそのままにしておきます。開発はビバリウムで、参考展示だったようです。2つあります。




ショーの意外な発表は、このミリタリーとピンボールのゲームプレイを組み合わせた日本のゲームでした。コンセプトはとても単純です。敵の軍隊が進んできます、自分に与えられた武器は豊富な軍隊と周りを転がって敵を粉砕する1つの巨大なOdama(大玉)です。

ゲームを始めると最初は単なるピンボールゲームのように思えます。しかしこのゲームは非常に戦略性とタイミングを要求されるゲームだと気付かせられるでしょう。単にOdamaを落とさないようにするだけでなく、敵の基地を奪い、味方の状態に気を配り、目的を達する事に集中しなくてはなりません。ゲームは速いスピードで進み、難しい、そして変にアピールするものがあります。

遊べたステージは敵が川を越えて攻めてくるというステージでした。プレイヤーは川に橋を架けようとする味方の軍隊を敵から守ります。そのときプレイヤーはOdamaを木や建物にぶつけて、ライフを見つけたりする事も出来ます。さらに敵の見張り台を倒して、遠くからの攻撃を阻止することもできます。

このゲームは遊んでもそれをなかなか理解し難い種類のゲームです。しかしゲームは面白く中毒性があります。私はこのゲームのニュースを注目しておきたいと思います。




Odama、名前を読んでもそのゲームの内容を知るのは困難です。一度ゲームを遊んだ後にもこれは一体何だったのだろうかという疑問は残ります。これは『ピクミン』と『スタークラフト』とピンボールを合わせたようなゲームです。部隊を動かすのは2つのフリッパーです。そうですフリッパーです。

私はこのようなゲームを遊んだ事がありません。また、このゲームを見ながら前を通り過ぎた殆どの人の顔もそうであろうと確信させます。

一旦その不気味さを感じる段階を過ぎてゲームを遊んでみると、これは少し深いゲームだと分かります。プレイヤーはピンボールだけでなく、兵士と、川に橋を架ける兵士を操作する必要があります。また『スーパーモンキーボール』を彷彿させるように、ピンボール台を傾けることで兵士をコントロールできます。全てを操作するのは大きなチャレンジです。しかしそれは面白いチャレンジです。

私はゲームを最後まで遊べませんでした、私が見た他の全ての人も同様でした。しかしこのゲームは注目する価値があります、その独自性だけでも。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【3DS DL販売ランキング】『スーパーマリオメーカー for 3DS』3位、VC『ライブ・ア・ライブ』初登場ランクイン(12/1)

    【3DS DL販売ランキング】『スーパーマリオメーカー for 3DS』3位、VC『ライブ・ア・ライブ』初登場ランクイン(12/1)

  2. 「Wii」発売10周年!名作『FOREVER BLUE』に思いを馳せる

    「Wii」発売10周年!名作『FOREVER BLUE』に思いを馳せる

  3. 【TGA 16】『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』新プレイ映像!未見エリアを探索

    【TGA 16】『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』新プレイ映像!未見エリアを探索

  4. 【TGA 16】豊かな世界と戦闘シーンを描く『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』独占映像!

  5. 『とびだせ どうぶつの森』アプデで『スプラトゥーン』『ゼルダ』『モンハン ストーリーズ』のamiiboコラボが実施!

  6. クリスマス限定のニンテンドープリペイドカードがローソンで発売中、12月25日まで

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. 濱口エグゼクティブがポケモンをとったどー!「ゲームセンターDX」今回は『ポケモン サン・ムーン』に挑戦

  9. 【対談】『にょきにょき』コンパイル〇仁井谷正充の人生―成功と失敗から再起

  10. 『とびだせ どうぶつの森』が「フエキのり」とコラボ!“あのノリ”の配信アイテムが登場

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top