人生にゲームをプラスするメディア

コードマスターズが『セカンド・サイト』の獲得を正式発表+INFO+画像

任天堂 GC

既に報道されていましたが、コードマスターズがフリー・ラディカル・デザインが開発する『セカンド・サイト』の全世界での販売権を獲得した事が正式に発表されました。E3のコードマスターズブースにて展示されます。

『セカンド・サイト』超自然的な能力を持つ主人公とステルスの組み合わせで、はこれまでのステルス・アクションとは一線を画した作品で、既に雑誌PSM2では「2004年の最も期待できるアクションアドベンチャー」という評価を受けています。

『セカンド・サイト』でプレイヤーは超能力を操る主人公としてプレイします。ステルスアクション、派手なガンプレイ、そして超能力の組み合わせによってステージをクリアする為の多数のアプローチがあります。主人公の持つ敵キャラに精神的な影響を与える能力と遠くのオブジェクトを動かす能力は新鮮なゲームプレイを体験する事が出来ます。

主人公は米軍基地で外科手術の実験台にされ、昏睡状態から奇跡的に目覚めたJohn Vatticという男で、彼自身は記憶を失い、自分の名前、そして過去を忘れています。彼の分かる事は生きる為に、軍に監禁された理由を知り自らに関するミステリーを解き明かす必要があるという事だけです。忌々しいフラッシュバックに悩まされつつも彼は探索を続けます。

ゲームは2つの期間を交互に行き来しつつ進みます。2つの期間の行動が重なり合い相互に影響し合います。過去の行動を変える事によって、未来の自身が変わります。

John Vatticはオブジェクトを動かしたりする能力を持っていますが、この能力はストーリーを進めるにつれ単に移動させるだけというのを超えた能力へと強化されます。新たに獲得できる能力としては、治癒能力や敵の精神を乗っ取る能力、敵にその場に自分が居る様に見せかける能力、敵に破壊的な衝撃波を送る能力、などがあります。更にこの能力は通常の武器と組み合わせる事によっても強化されます。ピストルや狙撃用ライフル銃など13の武器が登場します。

ゲームはゲームキューブ、プレイステーション2、XBoxの各機種で発売予定です。スクリーンショットが新たに13枚公開されています。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は任天堂最後のWii Uタイトル―レジー社長

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は任天堂最後のWii Uタイトル―レジー社長

  2. 【レポート】2D女子高生ホラーゲーム『クリーピング・テラー』で日活が目指したもの

    【レポート】2D女子高生ホラーゲーム『クリーピング・テラー』で日活が目指したもの

  3. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  4. ニンテンドースイッチ予約は次々終了―行列待ち実店舗も―これから予約するには?

  5. 『スプラトゥーン2』では「イカアイコン」も進化!戦況の詳細がよりわかりやすく

  6. ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

  7. ニンテンドースイッチ予約開始…一部通販サイトは今なお繋がりにくい状態続く(追記)

  8. 松野泰己氏すら覚えていなかったSFC版『タクティクスオウガ』裏コマンドが19年越しで発見される

  9. 【3DS DL販売ランキング】『マリオブラザーズ3』連続首位、追い上げる『タンクトゥルーパーズ』が5位浮上(1/19)

  10. 「NHK映像ファイル」で任天堂の元社長“山内溥”回が放送、1月28日5時40分より

アクセスランキングをもっと見る