人生にゲームをプラスするメディア

引き続き絶好調、EA業績発表―PSPやDSのサポートも明言

ゲームビジネス その他

エレクトロニック・アーツは2004年度決算カンファレンスコールを開催しました。それによれば連結売上高は29億6000万ドル(前年度は24億8200万ドル)で連結純利益は5億7700万ドル(82%アップ)でした。特に純利益の大幅改善は同社が好調である事を伺わせます。

地域別売上では北米が16%アップの16億ドルでトップ、次いで欧州が34%アップで12億ドル、アジア太平洋は10%ダウンで9700万ドル、そのうち日本は12%ダウンで7100万ドルでした。

ゲームでは『ザ・シムズ』・『ニード・フォー・スピード』・『FIFAサッカー』・『メダルオブオナー』・『マッデンNFL』・『ロードオブザリング』が500万本を突破し、この他27タイトルが100万本を突破しました。

「PSPは将来GBAビジネスと同じくらいに重要なプラットフォームになる可能性があります」とCEOのLarry Probst氏は述べて、2005年3月の発売時に中心的なサードになるだろうとしました。2005年度に4〜6タイトルを発売する予定だそうです。

ニンテンドーディーエスに関しては詳しくは述べませんでしたが、サポートするという明確な意思を示しました。また今後はPS2やXboxが中心になる事は明らかですが、ゲームキューブ向けにも今期中に約19タイトルを発売する方針を明らかにしています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

    【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  5. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  6. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  9. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  10. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

アクセスランキングをもっと見る