人生にゲームをプラスするメディア

CESA、「2004CESA一般生活者調査報告書」を刊行

ゲームビジネス その他

CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は日本と韓国の一般ユーザーを対象としたゲーム利用などの報告書「2004CESA一般生活者調査報告書〜日本・韓国ゲームユーザー&非ユーザー調査〜」(A4判、本文168ページ、税込価格5,250円)を刊行しました。

これまで7月に刊行していた「CESAゲーム白書」の基礎データとなる「一般生活者調査」を別冊化したものです。今回はCESAとも多方面で親交の深い、財団法人韓国ゲーム産業開発院との合同調査が行われました。

また、これまで毎年7月に発表していたメーカー出荷データが早期に算出できたため、速報データも本書には掲載されているそうです。

●一般生活者(日本)の現ゲーム参加者は3,444万人(全体の37.6%)と増加に転じる傾向に。ネットワークゲーム参加者は343万人、携帯電話ゲームコンテンツ参加者は897万人に。

●一般生活者(日本)の非ゲームユーザー、非プレイ理由1位に「ゲームに対して興味・関心がない」、2位に「自分の生活環境でゲームをする時間がない」。

●一般生活者(日本)の「ゲームは文化である」と評価した率は46.1%。

●一般生活者(韓国)のゲーム経験率は75.3%、ゲーム利用率は61.8%(*注)。最も頻繁に利用するゲームは「オンラインゲーム」(66.3%)。

●一般生活者(韓国)の家庭用ゲーム機保有、家庭用ゲーム機1位は「プレイステーション2」(14.8%)、携帯型ゲーム機1位は「ゲームボーイ」(9.3%)。

●一般生活者(日本・韓国)のプレイするゲームの最重要視理由、共に「好きなジャンル」がトップに(*注)。

●一般生活者(日本・韓国)のゲーム熱中度理由、
日本では「ゲームを通して友達や同僚と話す機会が増えた」、韓国では「ゲームをしてコンピュータ及びインターネットをうまく使いこなせるようになった」が高ポイントに(*注)。

*注: 韓国での「ゲーム」の定義は、「インターネット、家庭用ゲーム機、パソコン、ゲームセンター、携帯電話で利用するゲーム」を総称して対象としています。

メーカー出荷量調査・速報
●ソフトウェアとハードウェアの総出荷額は、1兆1,344億円。
●ソフトウェアとハードウェアの海外総出荷額は、10.1%減の7,854億円。
●ソフトウェアとハードウェアの国内総市場規模は4,462億円。

「2004CESA一般生活者調査報告書〜日本・韓国ゲームユーザー&非ユーザー調査〜」はCESA通信販売、政府刊行物サービス・センターのほか書籍通販
サイト「専門書の杜」(http://www.senmonsho.ne.jp/)などで購入する事が出来ます。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  4. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. 【OGC2014】激動のソーシャルゲーム業界で変わったこと、変わらないこと~gumi West、今泉氏が語るふりかえり

  7. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  8. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  9. 【CEDEC 2010】どうやって人を育てる? コーエーテクモの人材育成

  10. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

アクセスランキングをもっと見る