人生にゲームをプラスするメディア

米ゲーム誌「Polygon」が休刊に

任天堂 GC

米国のゲーム雑誌「Polygon」が休刊になったそうです。「Polygon」は比較的新しい(昨年創刊?)雑誌で、18歳〜35歳を対象とした「大人の視点の」ゲーム雑誌と掲げていました。ゲームのヒーローではなく、デベロッパーに、パブリッシャーからデベロッパーへ、という編集方針は好評を得ていたようですが、如何せん取り扱い店舗が少なかったようで、見た事が無い、という人も多かったようです。

「私たちのコントロールを超えた状況によって、Polygomマガジンは出版を中止しシャットダウンしました。スタッフを代表して、私たちの書く『大人の視点』からの記事を毎月読んでくれた事に感謝したいと思います。私たちは毎月記事を書くことをとても楽しみました、そして休刊をとても悲しみます」というメッセージが定期購読者宛に届いたそうです。

公式サイトのpolygonmag.comは現在もニュースが更新されていて、こちらだけでも残る事が期待されますが、本体が躓いては難しいかもしれません。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  2. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  3. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

    ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  4. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  5. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  6. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  7. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  8. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

アクセスランキングをもっと見る