人生にゲームをプラスするメディア

クライテリオン、家庭用ゲーム開発向け物理シミュレーションエンジンを発売

ゲームビジネス その他

クライテリオン・ソフトウエアは同社のレンダーウェアシリーズに家庭用ゲーム開発向け物理シミュレーションエンジン「RenderWare Physics」を追加する事を明らかにしました。発売は4月5日からで、標準構成で価格は月額48万円。ゲームキューブ、PS2、XBox、Windowsの各プラットフォームに対応しています。

「RenderWare Physics」は、ゲーム上の振る舞いをダイナミックに表現する物理シミュレーション(ラグドール))、オブジェクト間に起こる衝突、反発、摩擦等の自然現象を再現する剛体シミュレーション、物理シミュレーションのプレビューや物理パラメータの試行錯誤を行うツール等で構成されます。

近年のゲーム開発の複雑化と巨大化に対応する為、クライテリオンのレンダーウェアを始めとするミドルウェアを導入する会社は増加しており、「RenderWare Physics」も今後発売される多くの3Dゲームに採用される事になるのではないでしょうか。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

    【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

  2. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

    ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  3. セガサミー、『PSO2』好調維持『艦これアーケード』堅調で大幅増益―3Q決算

    セガサミー、『PSO2』好調維持『艦これアーケード』堅調で大幅増益―3Q決算

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. スマホゲームのマーケティング専門家集団、AppBroadCastが目指す「脱・リワード依存」

  6. スクウェア・エニックスが3Q連結決算発表―スマホ好調、『FF15』など大作も投入

  7. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  8. 【レポート】「VR元年に何が起こったのか?」―SIE吉田修平氏、新清士氏らパネルで語る

  9. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  10. スクエニ、執行役員制度を復活 ― 『ドラクエX』齋藤氏や『FFXIV』吉田氏も役員に名を連ねる

アクセスランキングをもっと見る